記事一覧

植物を使った発電法

植物が人間生活に貢献してくれていることは、食べ物として、道具として、燃料として、観賞物として、薬としてなど、さまざまありますが、そこに新たに「発電」が加わりそうなニュースです。この発電法は、植物も微生物も「生きたまま」でおこなう、あるいは「自然の状態のまま」での発電方法でもあります。必要なのは「水」「微生物」「植物」inhabitat.comオランダの企業「Plant-e」が開発したのは、植物を植えた湿地から電力を“...

続きを読む

チャクラの開き方

チャクラはサンスクリットで車輪を意味するプラーナ(生命エネルギー)の脈絡にある中枢で身体の中心軸に7つ存在しています。第一チャクラ…生存と本能を司る。嗅覚。第二チャクラ…感情と欲求を司る。味覚。第三チャクラ…意思と理性を司る。視覚。第四チャクラ…愛と共感を司る。触覚。第五チャクラ…表現と創造を司る。聴覚。第六チャクラ…知覚と直感を司る。第六感。第七チャクラ…霊性と覚醒を司る。感覚の統合。チャクラの開き方...

続きを読む

地球にアースする

電子機器やケータイ電波などに長時間さらされる現代人の身体には、陽イオンが溜まりまくっています。溜まりすぎた陽イオンはやがて体内の気を蝕む邪気になります。地球にアースする(アーシングと言う)ことで、体内に溜まった陽イオンや邪気を身体から排出することができます。アーシングは別名「グラウンディング」と言ってスピリチュアル界では地球のヒーリングパワーを貰う方法や瞑想法の一つとしても有名です。アーシングの効...

続きを読む

ジオパシックストレス・気を吸うもの

ガイアからは一様に高レベルの波動エネルギー「生命エネルギー」が出ていますが、逆に「人間の気」を吸う場所があるのをご存じでしょうか?地球深部からの低レベルの波動エネルギー(ジオパシックストレス)と同等の悪影響があります。皆が住んでいる土地のエネルギーは、ほとんどが10~30pointです。身体機能エネルギーレベルが250point以下の人は自ら生命エネルギーを吸収出来ないので、大変疲れやすく、慢性疲労症候群の...

続きを読む

バイオフォトンについて

バイオフォトン…生物の基本的な生命活動に伴って発せられる極めて弱い光。細胞内の呼吸やエネルギー代謝に関わる自発的な発光であり、肉眼で感知可能な生物発光とは強度の面で区別される(コトバンクより)不食で生きる人々がいることからもわかるが、究極の栄養素はバイオフォトン(生体光子)である。ディートリッヒ・クリンクハルト博士は、我々の身体を肉体・エネルギー体・メンタル体・直感体・ディバイン体から構成されるも...

続きを読む

フリーエリア

検索フォーム

フリーエリア

プロフィール

Nada

Author:Nada
オカルト・陰謀論・不思議などに興味があります。主にD.アイク氏、無明庵EO氏などに影響を受けてます。
個人ブログhttp://blog.livedoor.jp/siest/

フリーエリア2

月別アーカイブ