記事一覧

あの世のマッチポンプ/地蔵と閻魔は同一人物

いつもおだやかな表情で路傍に佇むそんなお地蔵さまの素顔に迫ってみましょう。
94918ba9.png

釈迦が亡くなってから、後継者の弥勒菩薩が如来となって
現世に現れるまで、56億7000万年という
気の遠くなるような年月がかかると言われています。
平安時代に浄土信仰が普及してくると、
人々の極楽浄土への憧れは強まり、
それと同時に地獄を畏れるようになりました。
「釈迦も弥勒もいない今の私たち、どうなっちゃうの?」 
と不安になった人々の前に、「大丈夫。私が救ってあげましょう」
と登場したのがお地蔵さまです。

お地蔵様の正式な名前は「地蔵菩薩」。
菩薩といえば仏像世界のランクの中で「如来」の次に
偉い仏様でNo2に位置する仏さま。
お地蔵様といえば優しいイメージであまり偉くなさそうな
イメージがあるかもしれませんが、意外と?!偉い仏様なんですよ。

六道の中でも最悪の場所はもちろん地獄です。
罪ある人を地獄に堕とそうとする裁判長の閻魔さま。
それに待ったをかけて救いの手を差し伸べるのが地蔵菩薩で、
いわば、地獄裁判の弁護士というところ。

ところが驚くなかれ、この裁判長の閻魔さまは、
地蔵菩薩の変身したお姿。ちょっとわけがわかりませんね?
穏やかな外見の地蔵菩薩が実はコワモテの閻魔さまだとは信じがたいし、
裁判長と弁護士の両方が地蔵菩薩ってどういうことなの?

42658ddb-s.png

疑問はごもっとも。でも、考えてみてください。
世界の隅々まで歩き回って人々の行いをつぶさに見ている
地蔵菩薩だからこそ、閻魔として裁判でフェアな判断ができるわけです。
そして、裁判長と弁護士が同一なら、もしかして一生懸命、
地蔵菩薩を信じれば、成仏も何とかなるかも・・・。
人々は地獄の一歩手前での無罪判決に期待して
地蔵菩薩にすがろうとするのです。

地蔵菩薩はかなりの激務をこなす仏さまです。
親より先に死んだ子供は親を悲しませ、
親孝行もしないままなので成仏できません。

賽の河原で永遠に石を積む苦役に晒されている子供たちの元へも
地蔵菩薩は率先して足を運び、鬼から子供を守り、
話しをして功徳をあたえ、子供たちを成仏させてやります。

「子安地蔵」として妊婦の安産を守護してやり、
「身代わり地蔵」として災難に遭った人の苦しみを引き受けてやり、
「道祖神」として集落や道を守るなど、
色々な顔のお地蔵さんとして人々の生活を支えてくださる存在なのです。

クシティガルバ、大地を包蔵(ほうぞう)するという意味の
サンスクリット語の名前が地蔵と訳されました。
地蔵菩薩とは大地のように強い心で人々に成り代わって
どんな苦悩を受けても揺らぐことはない、
という頼もしい名前なんです。
実は、奈良時代にはすでに日本に伝来していましたが、
現世利益優先の時代には地蔵の考え方はまだ普及しませんでした。
浄土信仰も同時期に始まっていましたが、
その頃はまだ死者の死後を祈るための教えだったのです。
そして平安時代になり、この世では仏の教えが廃れてしまうという
末法思想の時代になった時、浄土信仰は個人が極楽浄土へ
往生するための信仰としてクローズアップされました。

お金や教養のある貴族たちはこぞって写経し、
金に糸目を付けずお寺や仏像をがんがん作って
自分たちの極楽往生チケットを確実に入手しようとします。
でも、庶民にはそんなことはできません。

これじゃあ、自分たちは地獄に墜ちる・・・と心配しているところで
地蔵菩薩に出会うのです。「全ての者を救済する」
地蔵菩薩は貴族のように極楽往生するための手段を持たない
庶民たちの味方となったわけです。

弱者を助ける菩薩として子供たちの仏さまとしても頼られる存在になり、
子供や水子供養の地蔵信仰を集めるようになりました。
地蔵菩薩はお地蔵さんとして路傍で子供たちを、
道祖神として旅人を見守る存在として人々と共存し始めます。
地蔵菩薩が観音と違ってお寺の秘仏にされることがあまりないのは、
人々との間に垣根を作らない庶民の仏になっていったからなんです。

◆文章・画像出典 【仏像の種類:地蔵菩薩とは】
裏表が激しいお地蔵さまは現世をまもるナウい仏像だった!/仏像リンク より抜粋編集
https://butsuzolink.com/jizo/



人々を救済する地蔵菩薩と地獄の閻魔は同一人物
(裁判官と弁護士が同一人物)ということらしいです。
閻魔の捌きというムチと救済というアメをネタに信仰を集め
罪悪感や恐怖心を使って、人間をコントロールする。
菩薩とか神というと「ありがたい存在」というイメージがありますが、
そのやり口は支配者層がよくやるマッチポンプであり
結局やっていることは神も悪魔も似たようなもののようです。

関連記事
 

フリーエリア

検索フォーム

フリーエリア

プロフィール

Nada

Author:Nada
オカルト・陰謀論・不思議などに興味があります。主にD.アイク氏、無明庵EO氏などに影響を受けてます。
個人ブログhttp://blog.livedoor.jp/siest/

フリーエリア2