記事一覧

人間に影響があるヘルツ領域

無線LANの周波数が電子レンジと同じで、
その周波数で体調が悪くなったり頭痛がしたりという
悪影響があるようだということで、
どの周波数が人体に良かったり悪かったりするのか
色々調べてみました。

●425Mhz~450Mhz対の領域で人間に影響がある
●現代の音楽は、殆どが440Hzにチューニングされている
以前は432Hzが基準だった
●10.80ヘルツだと「暴徒のような行動」を生み出し、
6.6ヘルツで鬱状態になる。
●霊能者が「つながる」ときには8ヘルツ。
●炭素は293Hz、水素は3520Hz、マグネシウムは147Hz、
要素は127Hz、酸素は16Hz、フッ素は185Hz

電磁波を周波数の低い方から並べると、
電波→赤外線→可視光線→紫外線→X線→ガンマ線

M(メガ)…100万
G(ギガ)…10億
T(テラ)…1兆

ラジオやテレビの電波が、MHz(メガヘルツ)レベル
スマホやWifi、衛星放送が、GHz(ギガヘルツ)レベル
赤外線~可視光線~紫外線が、THz(テラヘルツ)レベル
もっとも周波数が高いガンマ線では1億THz

<ヘミシンクなどで利用されている周波数領域>
・174Hz (意識の拡大と進化の基礎)
・285Hz (多次元領域からの意識の拡大と促進)
・396Hz (罪、トラウマ、恐怖からの解放)
・417Hz (マイナスな状況からの回復、変容の促進)
・528Hz (理想への変換、奇跡、細胞の回復)
・639Hz (人とのつながり、関係の修復)
・741Hz (表現力の向上、問題の解決)
・852Hz (直感力の覚醒、目覚め)
・963Hz (高次元、宇宙意識と繋がる)

<各チャクラに対応する周波数領域>
第一チャクラ(ルートチャクラ) 396Hz
第二チャクラ(セイクラルチャクラ) 417Hz
第三チャクラ(ソーラープレキサスチャクラ) 528Hz
第四チャクラ(ハートチャクラ) 639Hz
第五チャクラ(スロートチャクラ) 741Hz
第六チャクラ(サードアイ・ブラウチャクラ) 852Hz
第七チャクラ(クラウンチャクラ) 963Hz

d38fb40d.gif

■画像出典 電波の人体に対する影響/総務省HP
http://www.soumu.go.jp/main_content/000191698.pdf
 より

自然の音(鳥の声、波の音、川のせせらぎなど)も、
人間を沈静、リラックスさせる周波数が含まれていますが
人工電波、人工電磁波、電子音などは
電子レンジが分子を振動させて発熱させるように
細胞を発熱、炎症させるような周波数が含まれているようです。
それは細胞核、DNAにまで影響が及ぶようで、
無線LANの周波数が電子レンジと同じというのは
やはり人口削減したい方々がワザと仕向けたことだったみたいですね。


■Hz参考元/波動!波動!/しおろぐ
http://siotica.com/siolog/2017/12/06/%E6%B3%A2%E5%8B%95/
日本や世界や宇宙の動向
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52000418.html


関連記事

フリーエリア

検索フォーム

フリーエリア

プロフィール

Nada

Author:Nada
オカルト・陰謀論・不思議などに興味があります。主にD.アイク氏、無明庵EO氏などに影響を受けてます。
個人ブログhttp://blog.livedoor.jp/siest/

フリーエリア2