記事一覧

痩せ体質の人がストレスに弱い理由

筋肉量が低下したやせ型体質の人の多くは、
消化管機能が低下しているからこそ
筋肉の材料となるタンパク質(アミノ酸)が吸収できず、
結果的に筋肉量が少なくなるという流れも見えてきます。

では一体何が原因で消化管の機能低下を
起こしているのかという疑問がわきますが、
本来は機能低下でもなんでもなく、
消化管機能のバリエーション(多様性)の中で
低い部分を見ているというだけなのかもしれません。
ヒトを野生動物としてみた時に、種が存続するためには
様々なバリエーションを作っておく方が有利です。

肥満型で少しの食料でたくさん脂肪を蓄える事のできる種を作れば、
飢餓になりやすい環境で有利かもしれませんし、
やせ型で脂肪を蓄える能力が低かったとしても、
スピーディで運動能力が高く、敵対動物から逃げなければならない
場面が多い環境では優位に働くかもしれません。

だからやせ型体質の人はヒトという種の中でのバリエーションの一つに過ぎず、
別に機能が低下しているのではなく、あえて処理量を少なくするタイプの
初期設定(体質)としてこの世に産まれた人なのかもしれません。

ところが生まれた現代の社会は基本的に飽食の環境でした。
肥満体質の人は脂肪を蓄積しすぎる弊害を受ける一方で、
やせ体質の人は処理しきれない食料の多さに
消化管機能がオーバーヒートしてしまうという
弊害を受ける事になってしまいました。

その結果、やせ型体質の人はストレスに対抗するための
システムが上手く機能しにくい環境におかれます。
コルチゾールを中心としたストレス反応を起こそうにも
その材料となるコレステロール(脂質)は消化管から吸収されにくいですし、
セロトニンを中心としたストレス緩和システムを働かせようにも
その材料となるトリプトファン(タンパク質)も消化管から吸収されにくいです。

そういう状況の中で糖質摂取によって起こる血糖値上昇を起点とした
代理ストレス適応反応は、特にやせ型体質の人にとって
重要な位置を占めていたように推察されます。

本当にやせ型体質の人が本質的に求めていた生活環境は、
適量の食料があり、生きるために他の動物と戦ったり
逃げ回ったりするようなものだったのではないでしょうか。

しかし現実に目の前に現れたのは多すぎる食料と運動しなくて済む生活環境、
そして現代社会の多すぎるストレスが、
ストレス適応能力の低いやせ型体質の方に大きく立ちはだかります。

ストレスは交感神経優位にする事で消化管の働きを阻害します。
ストレスが先か、体質が先か、どちらが最初かはわかりませんが、
どちらも互いに関連してやせ型体質の人の消化管機能を
低下をさせている事は間違いないように私は思います。

ではやせ型体質の人が現代の生活環境に
適応するためにはどうすればよいのでしょうか。
ここまでの考察を踏まえれば、適量の食事、必要量以上の運動、
そしてストレスマネジメントという事になりましょうか。

ここから先は私よりも是非、実際にやせ型体質の人達に、
自分でいろいろ試行錯誤して解決に向けての方法論を
確立していってもらう事にも期待したいです。
自分の体質を理解した自分が、自分で考えて到達する答えが
最も根治的だと私は思います。


◆やせ体質の本質とは/たがしゅうブログ より抜粋編集
http://tagashuu.blog.fc2.com/blog-entry-1289.html


関連記事

フリーエリア

検索フォーム

フリーエリア

プロフィール

Nada

Author:Nada
オカルト・陰謀論・不思議などに興味があります。主にD.アイク氏、無明庵EO氏などに影響を受けてます。
個人ブログhttp://blog.livedoor.jp/siest/

フリーエリア2