記事一覧

シロアリについて

日本家屋ではけっこうな確率でシロアリが生息しているらしく
阪神大震災で倒潰した木造住宅の約80%に
シロアリによる食害被害が見られたそうです。

なので日本の建築法では土台部分の木には
シロアリ対策用の薬剤を塗ることが義務付けられていますが
この効力が5年ほどで切れてしまうそう。
ですので5年ごとに薬剤の塗りなおしをする前提で
設定されてるみたいですが、そんなこと大工から説明されないし
一般人は知らないですよね。なので知らないうちに
シロアリにやられていたということがよくあるようです。

日本の家の寿命が海外に比べてかなり短い(約30年)のも
このシロアリ対策がしっかりされていないからというのが理由の一つで、
シロアリ被害の多いハワイでは、ホウ酸(人には無害でシロアリ防止効果が高い)
による対策が行われているようです。
ですが日本とハワイでは気候の違いや建築基準法の違いもあり、
日本でのホウ酸対策はあまり行われていないようです。

実は我が家でも先日シロアリが発生し、
窓枠の縁に穴が空いてて、そこからシロアリが沢山入り込んでいたので
まさかと思ってそのあたりコンコンと叩いてみたら
中がスカスカみたいな軽い音がしたので
中の木がゴッソリやられてると思います(;∀;)

シロアリが発生した時の対策は、
・シロアリ駆除業者を呼ぶ
・市販のシロアリ殺虫スプレーでその場で退治
・毒の置き餌で巣ごと駆除する方法(数年がかり)
などがありますが、業者に頼むと高いので、
今回は自分で市販薬を買って対策してみました。

●シロアリ殺虫スプレー


●置き餌


両方買って対策してみたところ、出てこなくなりましたが、
巣ごと駆除するには数年がかりなので、結果はまだわかりません。

シロアリは家を食べるというので強そうな感じがしますが
掃除機で吸った風圧だけで死ぬそうなので、
とりあえず見つけたら掃除機で吸ってハッカスプレーでも撒いておけば
数日は出てこないと思います。
また非常に臆病らしいので、置き餌を持ち帰ってもらいたい場合は
スプレーなどはまかず、そっと置き餌を置いて、
あまり刺激を与えないようにしておく必要があります。


シロアリについて調べてみると、世界で一番多いアリ種で
木造住宅に湧いたら害虫ですが、自然界では
木を分解するのにとても貢献しているアリで、

クロアリ&クモが仲間 ←敵対→ シロアリ&ゴキブリが仲間
らしいです。

クロアリとは敵対関係なので、どっちかを駆除してしまうと
どっちかが増えすぎてしまうので、アリが住宅に入ってきても
むやみに駆除せず、アリ道をそらすやり方
(消臭スプレーで部屋までのアリ道を洗浄する)
で対策した方がいいとのことです(アリ駆除業者談)。

そういえば私の部屋には数年前クロアリがたくさん入ってきていたので
アリの巣コロリで駆除したことが2回ほどありました。
そのせいでシロアリが増えすぎてしまったのかもしれません。

シロアリの天敵であるクロアリやクモをむやみに駆除せず、
適度に生息させておくことが、シロアリの大量発生を防ぐのに
最も楽で効率的な手段かもしれません。

関連記事

フリーエリア

検索フォーム

フリーエリア

プロフィール

Nada

Author:Nada
オカルト・陰謀論・不思議などに興味があります。主にD.アイク氏、無明庵EO氏などに影響を受けてます。
個人ブログhttp://blog.livedoor.jp/siest/

フリーエリア2