記事一覧

年金崩壊の裏側

1971年(昭和46年)に制定された
「中高年齢者の雇用の促進に関する特別措置法」
という法律である。こんなに早くから、
高齢者をいつまでも働かせようという計画が立てられていたのです。
「年金を払えばみんな老後を楽しめますよ」なんて若い人々を騙して。

今までは18~60歳までの人で取り合っていたイス(就職先)。
ところが、これからは、61~65歳までの人もプラスされた。
つまり18歳~66歳の幅広い年齢の人と
イスの取り合いをしなければならなくなったということです。
静かな戦いが始まったと言えます。
もし、それに負けたものはどうなるのでしょう?


<日本の餓死者統計>

2011年の日本における餓死者は2,053人にものぼり、
1997年から2011年までの15年間で2万5,525人も餓死しているのです。
つまり、餓死者数は14年で1.6倍に増え、1日に5人以上、
4時間半に1人が餓死しているそうです。(厚生労働省/人口動態統計より)

だから、こうならないために65歳まで働かせてくれるという
「高齢者に優しい(?)法律」(=高年齢者雇用安定法)ができました。

私たちの人生を振り返ると
生まれてからすぐに保育所に入れられ(あるいは、3歳から幼稚園へ)
学校で嫌な勉強に追いまくられ、中高では朝から晩まで拘束され続け
会社に行っても拘束され続けだった。
みんな定年したら年金もらって自由に生きようと思って
だから、辛くても頑張ってこられた。

なのにその自由は、死ぬかもしれないという
瀬戸際に立たされたことで遠のいていった。
今の日本は水も食糧も住む家も、みんなお金がないと賄えない仕組み。
もしお金の収入がなくなったら‥

警察庁によると、11年の10~20代の自殺者は3926人で
前年より134人増えた。「就職失敗」が原因とされたのは、
07年の60人から11年の150人と2.5倍に。
大学生など学生は同16人から同52人と増えている。
  

<定年しても払わなければならない税金や保険料>

・所得税:所得がある限り払い続けなければならない。
・健康保険料:国民健康保険
・介護保険料:国民健康保険の内数で支払い。
・退職金からも所得税として払わなければなりません。

戦後、田舎で土地を持って時給自足が可能だった人々が
勉強を一生懸命して、都会の企業に就職して、
狭くて高価な土地を手に入れてそこに住んで
やっと定年という時に年金受給年齢が引き上げられた。
田舎には、海もあったし山もあった。魚を釣って、山菜を採ってくれば
なんとかその日生きていけた。
でも都会の真ん中に、そんな土地は見当たらない。


<年金崩壊の裏側>

年金を運用する事業団(年金資金運用基金)は
年金積立金の1/4にあたる36兆9000億円もの資金を使って、
政治家に恩を売るため、全国133カ所に大規模なリゾート開発を行った。
運用組織は官僚の天下り先であり、先ほどの目的の
「運用に携わる職員人件費や諸経費」というところに、
ちゃっかり天下り先の人件費を押し込んでいる。

ところが完成したグリーンピアは、どこもとんでもない赤字経営となった。
赤字は年金福祉事業団が被るが、もちろん我々の支払った年金保険料から
補てんされるので問題ない。政治家に恩を売っているので、
厚生族と呼ばれる関連議員からの追求もない。

結局グリーンピアは2001年12月の閣議決定で、すべて廃止することになり、
2006年度中にすべて民間に譲渡された。
一部施設は解体されたが、厚生労働省は自分たちの責任を取ることなしに
解体にかかる費用は年金保険料から支出された。

年金官僚の悪行は、グリーンピア事業にとどまらない。
資金流用のためのトンネル会社の設立、裏カネ作りのための
さまざまなからくりの考案、
人件費を年金保険料につけての天下り先の創設など。

その一方でデータ電子化にあたってはいい加減な入力を行って
支払い記録を混乱させた上に紙台帳を破棄し、
国鉄共済年金や農林漁業団体共催年金など、
破綻した年金はすべて厚生年金に押しつけて、
公務員共済年金への被害を回避する
掛け金は善良なる国民が真面目に払ってくれる。
カネはほっといても集まってくる――


本来もらえるはずの年金を受け取れない人たちが急増。
消えた年金の数は5000万件以上(2013.5では2万2千件)
この人たちは、20年30年前に納めた領収証を持ってこなければ
年金をもらえないという。
その理由は「証拠がないと払えないから」だそうです。


■豊かな老後が幻に
http://ilikeeveryone.jugem.jp/?eid=308
知られざる年金の運用
http://ilikeeveryone.jugem.jp/?eid=346 より抜粋編集


関連記事

フリーエリア

検索フォーム

フリーエリア

プロフィール

Nada

Author:Nada
オカルト・陰謀論・不思議などに興味があります。主にD.アイク氏、無明庵EO氏などに影響を受けてます。
個人ブログhttp://blog.livedoor.jp/siest/

フリーエリア2