記事一覧

ジョン・レノン「世界は正気ではない人間たちに支配されている」

社会はすべて狂人たちによって動かされている。
正気ではない目的を実現するためだ。
ぼくはこのことに 16歳とか 12歳とかの幼い頃に気づいた。
英国政府やアメリカ政府、ロシア政府、中国政府が実際に何をやろうとしているのか、
その方法や目的を紙の上に書くことができるなら、
彼らが何を行おうとしているのか、ぼくは知りたい。
彼らはみな正気じゃないんだ。
でも、それをぼくが表現すると、狂人として消されてしまうだろう。
これが正気ではない現実なんだよ。

1968年6月6日 英国 BBC2 でのジョン・レノンのインタビューより



最近になって、ますます「正気ではないことが世界中に広がっている」
という感じは増大していまして、この言葉も振り返る意味もあるのかもしれません。
今の私たちの世界は何かが完全に間違っている。
そのことは、実際には誰でも感じている。私も、そしてあなたもそれを知っている。
今の世の中は、誰でも多少は「限界に来ている」ことを感じているわけで、
これ以上進むと、人間の感性のすべてが
摩耗してしまうところにまで来ているような気はします。

記事の中に、フォスター・ギャンブルという名前が出てきますが、下のような人です。
アメリカ合衆国のドキュメンタリー映画製作者。
P&G社の創業一族の子孫として生まれる。
2011年に私財480万ドルを投じて製作した映像作品『スライブ』を発表。
同作品では地球外知的生命体の実在や、ミステリーサークルの真相、
有害な化学物質の空中散布の実態、 ワクチン接種による不妊の推進、
フリーエネルギー開発を妨害する地球支配者の存在、
国際金融エリートにより操られる経済制度の実態等が詳細に描き出されている。
(wikiより)

彼は以下のように述べている。
「私にとって難しかったことだが、私は避けられない深遠な結論に至ったのだ。
エリートの人々と、彼らが運営する企業が、
エネルギー、食糧供給、教育、医療などはもちろんのこと、
それだけにとどまらず、私たちの生活の事実上すべての面で、
彼らは財界の世界を支配することによってそれを動かしている。
彼らは、より多くの価値を創り出すことではなく、
単に資金の源泉をコントロールすることによって、それをなしている」


テロとの戦い、経済災害、人種戦争、巨大製薬会社、食物の品質改変。
今日私たちの世界を見ると、私たちは何というところにいるのだろうと
思うことはありはしないだろうか。
若かった頃、長い間悩まされていた何かを理解するようになったのは、
高校時代の後半ことだった。
その頃から、私は世界が本当はどのように機能しているかを理解し始めた。
私は今 29歳だが、真実を求める分野の研究者たちと多く会い、
インタビューなどをおこなってきた。
その中で得たいくつかの結論は明らかだが、さらにもうひとつのことがある。
それは、私たちの世界はサイコパスたちによって動かされているということだ。

ここではっきりとしておきたいが、私は裁きたいと思っているのではないし、
人々の反発の感情を盛り立てようとしているわけではない。
今の私たちの世界で本当に起こっていることについて、
私たちが実際にそれを変えることができるようになるための、
その実現に近づきたいと思っているだけだ。

今の私たちの世界は何かが完全に間違っている。
そのことは、実際には誰でも感じている。私も、そしてあなたもそれを知っている。
日々その流れの中で過ごしているうちに、
多くの人々がその間違った流れの中にいることに気づいている。
2016年にはアメリカでは大統領選挙があり、私たちには本当は
選択肢がまったくないことに多くの人たちが気づいた。

私たちは、世界の指導者がテロに資金を提供する企業と密接に関わり、
テロとの戦いが特定の行動を正当化するために作られていることを、
より広いレベルで学び始めた。
私たちの世界に実際には何の役にも立たない変化を期待してまでも、
私たちは投票しなければならないのだろうか?

私たちとその環境に危害を加えている企業を支援するために
お金を使うべきなのだろうか?私たちは現在の医療システムを
盲目的にサポートしなければならないのだろうか?
それで世界の健康は向上し、病気は起こらなくなるだろうか?

ゲームがどのように機能するかを理解すればするほど、
それを変更する方法がわかってくる。
あなたがゲームをしていると想像して、あなたが勝つことができないように、
誰かが不正行為をしてルールをつかんでいることを知ってほしい。
私もあなたも、そのようなゲームに参加し続ける必要はない。
もはやそんな相手とゲームを続ける必要はないのだ。
みんながゲームをやめてしまえば、
相手は誰とも遊ぶことができないので、やめるしかない。

ある意味では、これこそまさに私たちが取り組まなければならないことだ。
勝つ可能性のないゲームに参加することをやめるのだ。
意識の変化は理解から来ており、新しい行動をとることで異なる世界を創造し、
解決策をもたらすのに役立つ。
しかし、それは知識と意識から始まるものだ。


■なぜ、ジョン・レノンの「世界は正気ではない人間たちに支配されている」
という言葉が、以前より重要に聞こえるのか/In Deep より抜粋編集
https://indeep.jp/john-lennon-said-society-is-run-by-insane-people/


関連記事

フリーエリア

検索フォーム

フリーエリア

プロフィール

Nada

Author:Nada
オカルト・陰謀論・不思議などに興味があります。主にD.アイク氏、無明庵EO氏などに影響を受けてます。
個人ブログhttp://blog.livedoor.jp/siest/

フリーエリア2