記事一覧

化学肥料の4つの問題点

殺虫剤などの農薬が、安全性上好ましくないということはわかりやすいですが、
化学肥料を使うことがどのようなマイナスの意味を持つのかは、
あまり知られていないのではないでしょうか?
化学肥料は4つの問題点があります。

①「土が死ぬ」
土の中には数え切れないほどの数の微生物がいます。
そしてこの微生物は、植物と共生する中で、大切な役割を果たしています。
しかし、化学肥料の多用は土の微生物を減らします。
すると、土は弾力性を失い、固く、活力のない土地へと変わってしまいます。

②「硝酸態窒素とニトロソアミン」
化学肥料の中でも一番使用量が多いのが、窒素を補給する目的のものですが、
化学肥料を過剰に与え、作物の中で消費しきれない窒素分は、
「硝酸態窒素」という形で残留します。この硝酸態窒素は
肉などのタンパク質と食べ合わせた場合、
ニトロソアミンという発ガン物質を生成することがわかっています。

③ 害虫好みの野菜づくり?
3番目に硝酸態窒素たっぷりの野菜ほど虫が大好きということにあります。
考えてみると、人類は近代化農業の名のもとに化学肥料を多用して、
人間に害があって害虫が好む野菜を大量につくり、そして虫がいるからといっては
毒のある農薬をたくさんまくという矛盾を重ねてきたようです。

④「おいしくない」
窒素分の多い野菜は苦くておいしくないということです。
市販の野菜の中には時々苦いものがありますが、これはそのせいなのです。
有機野菜の特徴として、自然な甘さがあります。
人が進化する中で体に必要で安全な食べ物を
「おいしい」と感じるDNAを獲得してきたのでしょう。

化学肥料は作る側からすると様々なメリットがあります。
化学肥料は、有機堆肥のように原料の調達から、
完熟堆肥にするまでの手間ひまをかける必要がありません。
また水分も少なくて非常に軽いので、簡単に畑にまくことができます。
さらに、化学肥料は効果が短期間に出るというメリットもあります。
しかし、化学肥料の使いすぎは、問題点があると考えています。


<ネオニコチノイド農薬について>

従来型の農薬は、散布すると葉の表面に付着するイメージですが、
ネオニコチノイド系は水溶性であり、葉や茎や根から吸収されて、
葉や実や花粉など植物全体に農薬成分が行きわたります。
そのため、野菜や稲の液を吸う虫はダメージを大きく受けます。
そのような農薬の場合には、洗うだけでは減らすことがあまりできないのですから、
人の安全性という面でも疑問が高まります。

「高い残効性」~分解されにくい農薬~
ネオニコチノイド系農薬の問題点は、残効性が高いことです。
ネオニコチノイド系農薬を使用すると、長く効くため、
田植え後にわざわざ農薬をまく手間が当分省けるのです。
このことは、農家にとってはありがたい農薬という側面もあるようです。
しかしながら、消費者の立場では残効性が高いということは
人が食べる時点でも残っている可能性が高いということを
意味するでしょうから、その面からも不安に思われます。

ほうれん草の基準値が13倍に!?
世界と逆行する日本。高すぎる残留基準値
EU諸国の動きは早く、既に3種のネオニコチノイド系農薬は、
2013年より暫定的にEU全域で使用が原則禁止となりました。
しかし、日本では具体的な規制はまだされていないのが現状です。

2015年、厚生労働省はネオニコチノイド系農薬2種類に関する
食品残留基準を緩和しました。
ほうれん草では往来の13倍に引き上げられます。
この残留基準の見直し過程で、国は2度にわたり
パブリックコメント(国民からの意見募集)を実施。
合計で約2000件が集まりましたが、その大半が緩和に反対する意見でした。

これらの規制緩和により、EU諸国などの世界とは逆行し、
日本ではネオニコチノイド系農薬をより使いやすい状況になっています。
世界で使用が拡大したネオニコチノイド系農薬。
しかもその利用は農薬のみに留まらず、住宅建材の防虫やペットのノミ取りなど、
私たちの生活のごく身近にあふれています。
生物多様性への影響はもちろん、人への安全性を含めて、
注視していく必要があると言えそうです。


■なぜ、お野菜には化学肥料を使わないのですか?
ネオニコチノイド系農薬で、なぜミツバチが消えるのですか?
秋川牧園 より抜粋編集
https://www.akikawabokuen.com/qa/qa_003kagakuhiryou.html
https://www.akikawabokuen.com/qa/qa_009neonicotinoid.html


関連記事

フリーエリア

検索フォーム

フリーエリア

プロフィール

Nada

Author:Nada
オカルト・陰謀論・不思議などに興味があります。主にD.アイク氏、無明庵EO氏などに影響を受けてます。
個人ブログhttp://blog.livedoor.jp/siest/

フリーエリア2