記事一覧

腸内細菌の変え方

世の中には食事を取らずに生きる人(ブレサリアン)
青汁のみで生きる人、サツマイモのみで生きる民族や
アザラシの生肉のみしか食べない民族などがいます。

多種多様な栄養を取らずとも生きていける彼らの
体内メカニズム(主に腸内細菌)の秘密と、
そういう体質になるヒントとなる内容です↓↓↓↓↓↓


この記事は、夏井睦医師の著書「炭水化物が人類を滅ぼす」の中の、
不溶性食物繊維の『セルロース』と、その『セルロース』を分解して
ビタミン・短鎖脂肪酸・アミノ酸などの重要な栄養を産生する
『セルロース分解菌』の関係が細かく解説されている資料です。

腸内細菌が宿主である人間に多くの栄養を産生して
提供してくれていることがよく分かる内容です。
人間は食事を通して体外から摂取した栄養よりも、
腸内細菌によって産生された(腸内細菌を通して体内で摂取した)
栄養のほうを優先して使用します。
体外から摂取した栄養は「補助栄養」であるのが真相のようです。

ですから、食事とは「体外から栄養を摂取する」のが本当の目的ではなく、
『腸内に飼っている腸内細菌にエサを与え、その腸内細菌が
産生する栄養を得る(摂取する)ために食事を取っている』というのが
『食の真相』と言えるでしょう。

● 大腸菌が「野菜のセルロース」を分解した時にミネラルを作り出す
● 人間の体は、体外から来た栄養よりも、
体内で生産された栄養を優先的に使用する

草食哺乳類は、摂取した食料に含まれるカロリーと
栄養素以上のものを、消化管内の共生細菌から得て生きています。
だから、完全草食で生きようとするなら、
セルロース分解菌との共生が絶対に必要だし、
それに特化した消化管も必要です。


<肉食パンダが笹を食べた日>

パンダがもともとは肉食だったことは、
腸管の構造からほぼ確実とされています。
しかし、何らかの原因で、本来の生息地を追われて
高緯度地域に移動し、こでタケやササという
新たな食料に適応したとされています。

しかし、パンダはタケ(=セルロース)を分解する酵素を
持っていませんでした。なのになぜ、
タケだけを食べて生きていけるのか」は長らく謎とされてきました。

その謎が解明されたのはここ数年のこと。
パンダの消化管内から、他の草食動物の腸管内に生息しているのと
同じセルロース分解菌が発見されたのです。

しかし、本来肉食である動物が、
タケのみを食べる生活に簡単に切り替えられるのでしょうか?


<草食パンダの誕生>

パンダはセルロースを分解できるわけではなく、
タケをいくらたくさん食べても、栄養にはなりません。
でも、草食動物がいるかぎり、セルロース分解菌は必ず存在する。
草食動物の消化管内にいる常在菌(=セルロース分解菌)で、
排泄物と一緒に外に出てしまった細菌です。

これらの細菌は当然、タケの表面にも付着していて、
パンダはタケとともに、これらの細菌も摂取する。
そのうちの大部分の細菌は、胃酸で消化されてしまうだろうが、
一部の菌は生きたまま、タケの破片とともにパンダの大腸に運ばれます。

しかも、大腸にはすでに、腸管常在菌がびっしりと住み着いて、
高度に組織化された生態系を作っており
新参者の外来細菌が入り込もうとしても、
外来菌の侵入に対しては、一致団結してそれを排除しようとします。
なので後から入ってきた細菌はほとんど排除され、
体内に定着することはほとんどありません。

しかし本来のすみかを追われたパンダは、
エサを捕ることができず、絶食状態が続いていたから
腸内細菌は極限状態まで少なくなっていました。
つまり、新参者のセルロース分解菌にとっては、
競合相手が極端に少ない状態。
これなら、パンダの腸管内でも、
セルロース分解菌は生息域を拡大できる可能性が高まります。


<人間の場合>

「1日に青汁1杯」の森さんの著書によると、
「腸内細菌叢を調べてみると人間離れしており、
草食動物の牛のそれに近い」とあります。
パンダの例を見てもわかるように、
森さんが、青汁(=粉末化されたセルロース)だけでなく、
セルロース分解菌も一緒に飲み込んだか、
腸管にわずかに存在するセルロース分解菌が、
森さんの腸管内で優勢種となったと考えれば説明が付きます。

森さんはまず最初に、病気治療のために絶食療法をされたようです。
この期間に大腸内は貧栄養状態となり、腸内常在菌の数も種類も減少する。
そこで青汁を飲む。この時、経口的にセルロース分解菌が入るか、
腸管内のセルロース分解菌が残っていれば、奇跡が起こる。

このようにシミュレートしてみると、① 最初に絶食・断食していたこと、
② その後に青汁単独食にしたことが、
その後の「青汁のみ生活」を可能にしたと考えることができます。

このように、食生活が腸内細菌・腸内環境を変えている実例が、
科学雑誌『ネイチャー』2010年4月7日号に掲載されています。
海草の「のり」を分解する酵素は日本人特有と言われますが
日本人は世界でもっとも海藻を食べる人種で
生で食べた海藻に海藻分解細菌が付着していて、
それが海藻を日常的に食べる食生活のなかで
定着したという可能性が浮かび上がってきます。


<セルロースが示す可能性>

これまで人間が直接消化も吸収もできなかったセルロースが、
いきなり食料に変身することになれば、
「食用とは考えられてこなかった植物や微生物」が、
いきなり食料として脚光を浴びるかもしれません。

近い将来に確実に起こるであろう、地下水の枯渇と
それに起因する穀物生産減少を考えれば、
このセルロースを中心とした食生活は、
生き延びるための一つの方策になるかもしれません。


◇参考文献・文章引用元
癌と食療 http://cancer-treatment-with-diet-cure.doorblog.jp/archives/38177961.html

 
より抜粋編集

関連記事

フリーエリア

検索フォーム

フリーエリア

プロフィール

Nada

Author:Nada
オカルト・陰謀論・不思議などに興味があります。主にD.アイク氏、無明庵EO氏などに影響を受けてます。
個人ブログhttp://blog.livedoor.jp/siest/

フリーエリア2