記事一覧

墓を手放すのにかかる費用&自然葬のすすめ

お墓というのは一度買ってしまえば
持ち続ける限り維持費(管理料)がかかり
定期的な墓参りの必要があり、
そして手放すのにも何十万も費用がかかるようです。

墓を手放す方法はいくつかあり
1つ目は正式な方法「墓じまい」

1.墓地の管理者への届出
2.改葬の場合-新しい墓地・墓石の準備
3.閉眼供養(要お布施1~5万円)
4.離檀(離檀料10~20万円)
5.お墓の解体・撤去、墓地を更地にする工事(1㎡あたり10万円程度)
6.移転後の墓地での納骨、法要(要お布施10~20万円)
7.諸手続きの代行

2つ目は永代供養への切り替え。
同じ場所でお願いするなら
離檀料とかは免除されるかもしれませんが、
代わりに永代供養費用がかかります。

3つ目は無縁仏化。
墓を継ぐ人がいなくなって管理費が払われず
放置状態になった墓は、墓地管理人が勝手に墓を撤去して
更地にして売りに出しちゃうそうです。
その場合中に入ってた骨は自動的に無縁仏になります。
撤去費用などは管理人持ちとなるので請求はありません。
(ただし故人の関係者と申し出れば請求されます)

真面目な日本人はちゃんと1の手順を踏む人も多いと思いますが
墓の管理人の話によると
墓はもともと永代供養が基本なので
墓を継ぐ人がいなくなったら3でOKだと言ってました。

○○供養代とか離檀料とかお布施(気持ち)とか言って
色々取ろうとしますが、坊主が儲けるためのお題目であって
契約書などを交わしていなければ、法的に払う義務はないし
「払わないと悪い」と気にする必要もありません。
坊主はその罪悪感を利用して儲けるのですから
だそうです。


「お墓」はもともと供養のためというより
「閉じ込める」「封じる」ためのもので、
石にはそのような性質があって、
呪術師達は古来より、特定の場所に石を置くという方法で
地球のエネルギーの流れ(ボルテックス)を封印して
結界を作ったりということが行われてきたそうです。

なので、多額の費用をかけて、手厚く供養したつもりの「墓石」は
実は死んだ人を閉じ込めるもので、この辺は諸説あるのですが
墓石に刻まれた名前と霊魂が強制的に結ばれて
その場から動けなくなるとか、強制輪廻のポータルになるとか

とりあえず「墓」はあの世とこの世の支配者達に
都合の良いツールとして作られたものなので
お寺や葬儀関係、墓関係者、宗教関係者以外にとっては
あまり良いものではないということは言えると思います。

墓地に出る幽霊って、みんな悲しそうなイメージですよね。
手厚く供養してもらえたなら、嬉しそうな幽霊でもいいはずなのに。
なのにそうでない所が、故人にとっての「墓」の意味を
表しているような気がします。


ですので私は個人的に石を使わない自然葬をおすすめしています。
骨を粉末状にして、木の根元や、野原などに撒いて自然に返す方法です。
自然葬を行っている場所は、見晴らしのいい丘や野原などが多く、
悲しそうな幽霊が出るイメージもありません。

今は地面に撒く以外に、海に撒いたり、
カプセルに入れて宇宙まで持っていき
地球の大気圏で燃えて流れ星になる宇宙葬なんかも、
一般自然葬と同じくらいの価格で出来るみたいです。
◆28.5万円で宇宙のお葬式 http://space.minrevi.jp/

あとやたら金がかかるといったらお葬式です。
最近も葬式代がないからと遺体を放置したニュースが出てましたが
葬式にいくら出しても、故人の行く先も待遇もほぼ変わりません。
葬式は、輪廻センターのお迎えの人を呼ぶ儀式なので
私はやってほしくないくらいですが
(やり方が宗教ごとに分かれてという時点でそっち系の儀式です)

葬式なし火葬場直送、墓なし自然葬、墓参り法事なし
が自分にとってはベストではありますが
でもそうはいかない人が大半だと思いますので
お葬式については、こちらにまとめておきました↓

http://unhp.blog.fc2.com/blog-entry-363.html

関連記事
 

フリーエリア

検索フォーム

フリーエリア

プロフィール

Nada

Author:Nada
オカルト・陰謀論・不思議などに興味があります。主にD.アイク氏、無明庵EO氏などに影響を受けてます。
個人ブログhttp://blog.livedoor.jp/siest/

フリーエリア2