記事一覧

「天国」の正体

「天国」と聞けば、誰でも無条件に「良い所」「極楽」と連想してしまいますが、
実際の天国は、人によっては「不幸な場所」と言えるかもしれません。
天国に行ける人の条件や、実際の天国と言われる場所について、
以下「幻の桜Blog」より転載
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

さて
その昔
又聞きの又聞きの話でなんなのですが
こんな話を聞きました 
(>ω<)/


スターリンって知ってる? 」

スターリン? 
(・・;)?


ソビエトの独裁者でね
数千万人以上の人を殺したんだけど
ある霊能者さんが
彼についてこう言ってたんだって


スターリンは地獄にいない
地獄に落ちるどころか
今 天界にいる 」って 」

天界?
(・・;)?


天国の天国
天国でも最高クラスの天国に
今 いるんだって 」
(・・;)・


なんであんなに大量虐殺した人が
天国にいるんだ?
そういう疑問を抱いたんだけど

その霊能者さんの話だと
スターリンは生前 
自分の壁を乗り越えて
神の使命を果たして
人としての壁を乗り越えて 
それで天国に行く切符を手にしたみたい 」

神の使命? 
自分の壁を乗り越えた? 
人としての壁を乗り越えた?
(・・;)?


何でもその霊能者さんの話だと
天界は
度々スターリンみたいな人を
使者として使わすんだって
だって
人類は言っても聞かないから
人類に痛い教訓を与える為
人類をわからさせるため
敢えて
災厄や暴君を派遣して 
人々に教訓を与えてるみたい 」
(・・;)・


まあそんな感じの話を
その時
又聞きの又聞きで聞いたのですが
聞いたその時は
本当かなあ?

ひょっとすると
地獄に落ちたの勘違いじゃないだろうか?
そんな感じの事を想ってたのですが
(・・;)

つい先日
その話を想いだしたら
ガオガオちゃんがこんな事を教えてくれました
(>ω<)/


国や世界の宗教や神話はな
虐殺からはじまってることが多いんだ 」

虐殺?
(・・;)?


嘘だと想うなら
聖書を読んでみろ
神の使いと呼ばれる人が
ソドムやゴモラを滅ぼしたり
ノアの大洪水を起こしたり
エジプトに疫病をはやらせたり
カナンの人を大虐殺したり
みんな虐殺からはじまってるんだぜ 」
(・・;)・


世界のはじまりがそれなら
世界を維持するエネルギーもそれなんだ
一人の殺人者は罪に問われるけど
世界の為に
大量殺人した人は
英雄としてその名を轟かせてるんだ 」
(・・;)


ガオちゃんはスターリンが天界にいる理由がわかる
それはな
殺した人の気や
殺された系譜の気が
そこに運ばれているからなんだ 」
(・・;)?


世界の中での霊界
天国 地獄 の序列ランキングを決めてるのはな 
聖書や神話に添って
どれだけのエネルギーを
天界に献上できたかで決められるんだ 」
(・・;)!


生きた人の想念や
エネルギーを天界の系譜に献上したら
献上された系譜は
あの世で記憶を保ちやすくて 
生まれかわりやすいんだ

だから虐殺をしても
それが
世界の神話に添った形で献上されてるなら
被害者に
どんなひどい人!と想われても
天界の序列で
あの世で
高い地位に留められるんだ 」
(・・;)・ 


もちろん天界に行ける行為は
虐殺だけとは限らない
洗脳や
大衆コントロール 
扇動
恐怖を与える支配
または
ちょっとした喜びを与えて
大衆が自ら牢獄に入れられるような
仕組みづくりに貢献した者たちは
英雄や聖人として 
その魂は
天国の上位にとどめ置かれたりする 」
(・・;)・


ほら
仏教で
観音様や薬師様の顔って
大体特徴的だろ?
あの顔形
あのスタイルは
この島で仏教を作らせた系譜なんだ 

仏教を人が崇めれば崇めるほど
あの観音様や薬師様の系譜が
俗世で何をしても天界の上位に自動的に行けて
生まれかわりやすくなるんだ 」
(・・;)


世界で崇められてる女神像の多くもな
ゆ族のスタイルが多いんだ
キリスト教の信者が
熱心に崇めてる
あのキリスト像も
キリストのモデルとなった人の像じゃない
キリスト教を
洗脳教義として広めた系譜のスタイルなんだ
多くの人間や魂はな
ああして信仰させられることで 
自分達が生まれかわれるエネルギーを
ああした系譜に横取りされてるんだ 」
(・・;)


世界の中では
人間は
生きてる時も搾取されてるが
死後も搾取されるんだ
世界の中で
神話に乗っ取って
大虐殺や大きな詐欺を働いた者ほど
記憶も保ちやすくて
生まれかわりもしやすい 
来世でも
特権階層として力をふるえるんだ 」
(・・;)


そして
なぜ天界が生きた人のエネルギーに固執するかと言えばな
死んだ人を生まれ変わらせるには
生きたもののエネルギーが欠かせないからだ
それどころか
天国や地獄すら
生きた人のエネルギーがないと
維持できないんだ

もしも彼らが言うように
本当に絶対的な神がいて
その神の力だけで天国や地獄が維持できてるなら
生きた下々の人々に
こうしろ ああしろなんて言う必要ないだろ?
自分達が善行してるだけで天国に行けるわけで 
あんなに手間暇かけて 
人々に宗教を強制しようとしないだろ?

教義を広めさせるのはな
世界や天国が 
生きた人の想いが無いと
維持ができないって知っているからだ  
だから世界は生きた人を管理しようとするんだ 

生きた人の想念や生霊を
虐殺や 洗脳 教義 ささやかな喜びでコントロールしようとするんだ
 」
(・・;)・


天国は
戒律を守った人が行く場所じゃない
多くの人のエネルギーを
世界につけかえた人が行ける場所なんだ 
自己愛を捨てないと
天国には行けないんだ 

(・・;)


それからな
霊界の話って言うけどな
彼らが見てる霊界は
厳密に言えば霊界じゃない
生霊のエネルギーが集まった場だ

世界の天国も地獄も
生きた人の妄想エネルギーが集められて
そこに世界作りに貢献した魂が寄生してるような領域なんだ 」
(・・;)!


生きた人の妄想を元に作られているから
生きた人にも見えやすく
天国地獄の概念がわかりやすいんだ 
でも
本物の死霊の領域が
見れる人は
少ないんだ
だってそこは
生きた人の概念と
全然違う領域なんだからな
植物や石の概念領域に近いんだ 」(ガオガオちゃんのことば)


まあそんな感じの話を
ガオガオちゃんから聞いたのですが
(・・;)

大量虐殺したような人が
天国に行ってるという話を聞いて
想ったことは
ある面
現実社会に似てるのかもしれないな
という想いでした
(・・;)

現実社会でも
真面目にやさしく生きてる人は虐げられ
そして搾取した人ほど 
支配階層にいることが多いです
いわば世界の霊界がそうなっているから
現実の社会もそうなってるのかもしれないな
と想いました

でも大量虐殺した人が天国にいる
そのひどさに
なんだか納得できない感じもしました
(・・;)
でもそう想っていると
ちくさあの海さんがこんな事を教えてくれました


天国にいるからといって
その魂が幸せとは限らない
むしろ自分の意志と不本意なテリトリーに
死後も住まわされることで
その魂は苦痛をかんじたりする 」
(・・;)


それは
美しくなりたいと想った者が
富を蓄えるエネルギーをのせらてれるようなもの
世界に貢献した偉人たちの多くも
傍目に
天国で幸せそうにしていると想われながら
実際には苦痛を感じてるものが多い
世界は 死後の世界もいびつなのだ 」(ちくさあの海さんの言葉)


◆天国もただの妄想/幻の桜 より転載
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1842.html#more



この世の構造=あの世の構造というのは
今まで取り上げた死後関係の話では共通していますね。
エル・カンターレがどうのという宗教でも
そのようなことを言ってましたが・・
宗教やスピリチュアルがやたら「他人に尽くしなさい」「自己(エゴ)を捨てなさい」
と主張するのは、このような理由(エネルギーを教祖に献上させるため)で、
神(教祖)は信者を救うどころか、餌として消化するために集めていて、
信者は何も知らずに喜んで神の養分になる・・
その神というのは、自分の属する集合無意識のことかもしれませんが
どちらにしろ自分という個は食われて無くなってしまいます。
この世では力の強い者が生き残り、
あの世では精神(意志)の強いものが生き残る
弱肉強食のシステムは、どこの世界でも同じようです。

関連記事
 

フリーエリア

検索フォーム

フリーエリア

プロフィール

Nada

Author:Nada
オカルト・陰謀論・不思議などに興味があります。主にD.アイク氏、無明庵EO氏などに影響を受けてます。
個人ブログhttp://blog.livedoor.jp/siest/

フリーエリア2