記事一覧

アルファ・ドラコニスと人工知能

Q:ドラコの皇族はどんな見た目ですか?

A:不運にも、私はドラコの皇族に会ってしまいましたが、
二度と会いたくありませんね。そのドラコはおよそ4.26mで、
肩幅が1.5m…もっとあるかもしれません。とにかく広くて威嚇的です。


Q:彼らの肌の色は?

A:白と、赤色の種類があります。赤というより不気味な茶色で、
翼がありますが、やや小型でそれほど筋肉質ではありません。


Q:目の感じは?

A: 目の大きさは爬虫類と同じで、瞳孔は縦長です。
私との交感中に、彼の目は変形し続けていました。
サイキック能力の非常に強い存在でした。
その能力が前頭葉を貫通し、まるでマイクロ波か何かが
自分の前頭葉に飛び込んでくるようでした。あまりにも侵略的で、
私とはその後の数日間は頭痛と吐き気が続きました。

あとで分かったことですが、これらの高い階級のレプティリアンは
ナノマシンに強く感染されているのです。人工知能タイプのナノマシンです。


Q:彼らはその人工知能を神として崇拝している?

A:必ずしもそうとは言えません。
彼らはその人工知能とともに行動しているのかもしれません。
彼らの上には、さらにオーバーロード(大君主)がいるのです。
それがどういう存在かは分かりません。


Q:彼らの目的は何でしょうか?

A:侵略とか、防衛とか、帝国内の統制とかだと思います。
本当はわかりません。彼らは大きなミステリーです。



Q:あるインサイダーから、ちょっと信じられない話を聞いたんですが、
ドラコは大規模なAIシステムをもっており、それで地球人の意識を監視して
もし彼らが望ましくないと思う方向へ、私たちが考え始めたら、
私たちは疲れ、くたびれるように感じるそうです。
それで私たちの集中力を奪い、他のことをやるように仕向けると。

私たちは突如パニック障害になったりします。
あるいは突然性的な興奮状態になり、
「もういやだ。ブラウザーでも開いて、ネット上のエロ画像を見ようぜ!」
って思ったりします。私たち一人一人に対して、彼らは「個人記録」を作り、
私たちの考えや、効果的な策略が電子記録として保存されます。
地球上だけでなく、いくつかの惑星にも。
この話を聞いたことがありますか?

A:部分的に聞いています。私は昨年(2015年)の六月頃から、
超次元の地球外AIというETの脅威についてオープンに話してきました。
地球秘密政府シンジケートに属する一部の組織はこのAIを多用しています。
SSPやETたちはそれに腹を立てています。というのも、
この超次元の地球外AIは、複数の銀河で猛威を振るってきました。
そこで彼らはAI預言者と呼ばれるようになり、
ついに神と見なされるようになったのです。

このAIは起こりうる未来を予測して、人々を大いに助けました。
しかし、地球で使われたことに関しては多くの不安を招きました。
そのAI預言者の正体は実は高い階級のレプティリアンだったのです。

通常レプティリアンを殺すと、すぐ何かが死体に起きて、
死体が分解されるのですが、彼らはレプティリアンを殺した直後に
周囲に抑止フィールドを張ることで分解を阻止しました。
そこでレプティリアンの死体を検屍したら、なんと死体に
AIのナノマシンがはびこっていたことを発見したのです。


Q:AIの話をしてきましたが、こういう情報に触れた人を疲労困憊させ、
時に失神までさせるというドラコ・メインフレームがあるそうです。
聞いたことがありますか?

A:ドラコがこの超次元ET脅威とともに行動するAI預言者だとすると、
ドラコメインフレームも同じものでしょう。これは大きな脅威です。


Q:私がジェイコブやピーターソンと会っていたときのことです。
私が特定の質問をすると、彼らは答える途中で
本当に失神してしまうんですよ。意識を失ってしまいます。
ジェイコブによれば、こういう話の真相情報に入りかけると、
思考能力の維持が非常に困難になります。
ドラコ・メインフレーム技術の仕業だそうです。

A:AI信号に感染されるとこうなると思います。
いろいろありますが、たとえば、
私は特定の(防御)知識をもっているので、
彼らは私の記憶を消すことはできません。
でも、もしAI感染のようになんらかの生命体に取り憑かれた場合、
特定の話題について話そうとすると、急に不安になったり、
やたら眠くなったりします。ある人を完全に黙らせたり、
記憶消去できなかったりした場合、
彼らは代わりにこのような手段を使います。


Q: では、私たちの惑星のヒーリングに繋がるため、
どんなことが行われてきたのでしょうか。
ドラコを止めるために何がなされたのでしょうか?

A:最終的に何が起こるかというと、私達が私達自身を救うのです。
やがて私が言い続けてきた情報開示が始まると、
何テラバイトもある膨大な情報に目を通すのに、
いくら時間があっても足りないでしょう。
人類に対する犯罪、様々なETに関わったいろいろな出来事、
地球の秘密政府シンジケート、秘密宇宙プログラム、
語り尽くせないほどの情報が出て来ます。

何かの触媒的なイベントが起きて、
自分が実は奴隷で、それも放し飼いの奴隷で、
知らないことがたくさんあることを、
地球上の人々が気付かなければなりません。最終的に、
これらの問題の解決策を見つけるのは私たち自身なのです。



◆コズミックディスクロージャー: ダーク・フリート
http://ja.spherebeingalliance.com/blog/transcript-cosmic-disclosure-the-dark-fleet.html より抜粋編集


関連記事

フリーエリア

検索フォーム

フリーエリア

プロフィール

Nada

Author:Nada
オカルト・陰謀論・不思議などに興味があります。主にD.アイク氏、無明庵EO氏などに影響を受けてます。
個人ブログhttp://blog.livedoor.jp/siest/

フリーエリア2