記事一覧

魂を地球に閉じ込めるシステム

ロズウェルUFO墜落事件で捕獲された宇宙人エアルの話によると
地球は一度入ると容易に出られない「牢獄惑星」であると共に
「恐ろしい人間という生物と、精神異常者が野放しのスラム惑星」
だそうです。地球人が繰り返しやらされている「輪廻転生」は
外から見ると異常なことで、記憶を強制消去することは
もっとも残虐な行為の一種であると述べています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆地球は「スラム街」の惑星である

IS-BEたちは以下に挙げるどれかの理由が原因で
「地球行き」を宣告された。

1 その者たちはあまりにも凶暴な精神障害者であるか、
変質者であるため、いかにある文明が堕落して腐敗していようとも、
その一部としてさえ機能することができない。

2 「旧帝国」のカースト制(最下層民の制度)に対して
革命的な脅威となる者たち。生物的な体は
最も低い地位の存在となるように特定に設計され、指定されている。
そうしたIS-BEが地球に送られて、その後生物的な肉体の中で
機能するよう強いられたり、騙されたりするわけだが、
その時IS-BEは実際には(地球という)牢獄の中の
(肉体という)牢獄の中にいる。

3 「旧帝国」から「アンタッチャプル(危険人物)」を、
永遠にあるいは元に戻せない形で排除する試み。
すべてのIS-BEの永遠のアイデンティティーや、
記憶と能力は強制的に消去される。こうした「最終的解決」は、
「旧帝国」が管理している精神病の犯罪者たちの思いつきで実行されている。


◆地球で行われていることは「地獄そのもの」

地球にいる心優しい創造的な囚人たちは、
「旧帝国」の看守たちによって操作されている狂人たちによって、
絶え間なく拷問にかけられている。地球のいわゆる「文明」というものは、
役に立たないピラミッドの時代から核兵器による大虐殺の時代に至るまで、
とてつもない天然資源の浪費と、歪められた知性の使用を通して、
この惑星地球のIS-BEたちの霊的な本質を公然と抑圧してきたものである。

もしドメインが「地獄」を探すために宇宙の隅々まで宇宙船を派遣するとしたら、
その探検は「地球」で終点を迎えるかもしれない。
なぜなら自分自身の本来の本質的な霊的知覚、自己認識、本来の能力と
すべての記憶を消去することよりも、残酷、残虐な行為がほかにあるだろうか?


◆魂の脱出を防ぐ巧妙な罠システムは「転生」

地球のIS-BE(人間)たちは、未だにこうした活動の犠牲者である。
人間たちが転生と転生の間に施される記憶喪失は、
IS-BEの魂が脱出するのを防ぐ巧妙な
トラップ(罠)・システムの仕組みの一つである。
こうした作戦は、「旧帝国」では認められていない
反乱分子秘密警察組織によって管理されており、
発見されるのを防ぐために、活動を偽装した偽旗作戦が用いられている。
それらは精神医学者によって開発されたマインド・コントロールの手法である。
「美の電磁波」もまた主要なトラップシステムの一つである。

(1947年の)現時点では、我々は地球周辺の支配は予定していない。
また他の惑星系や銀河系からの輸送船が、彼らの「厄介者」のIS-BEたちを、
地球の記憶喪失バリアの領域の中に捨て続けているのを阻止していない。


<用語説明>
IS-BE…魂
ドメイン…宇宙人エアルの所属組織
旧帝国…地球を支配するネガティブET組織

◆マチルダ・オードネル・マックエルロイが提供した文書に基づいて
  『エイリアンインタビュー』 ローレンス・R・スペンサー編 Lulu.com
◆zeraniumの掲示板/限りなく転生を繰り返してしまう「罠」
http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2016/09/post-3c38.html
より一部編集

関連記事
 

フリーエリア

検索フォーム

フリーエリア

プロフィール

Nada

Author:Nada
オカルト・陰謀論・不思議などに興味があります。主にD.アイク氏、無明庵EO氏などに影響を受けてます。
個人ブログhttp://blog.livedoor.jp/siest/

フリーエリア2