記事一覧

作られた「食物連鎖」システム

『地球には常に1億種に至るほどの生命体が存在すると思われる。
さらには、地球で生きている生命体よりも絶滅した種の方が何倍も多い。
現在の地球の生命体を説明する「進化論」は、
こうした生物学的な多様性の現象を考慮していない。

IS-BE(不死の霊的生命体)によって
遺伝的な構成要素が操作されない中で、
一つの種が偶発的にあるいはランダムに
他の種に進化することはあり得ないからである。

IS-BE(人間)によるそうした介入の単純な例は、
地球での種の品種改良に見ることができる。
過去数百年において、数百種の犬の品種や、数百種類の鳩の品種、
あるいは数ダースにのぼる種類の鯉が、
たった一つの原初の品種から始まり、
わずか数年の間に「進化」させられた。

これらはすべて、IS-BEによる積極的な介入によるものであり、
そうでないならば、生物的有機体はめったには変化することはないのだ。


「カモノハシ」のような動物を開発するには、
ビーバーの身体をアヒルの嘴(くちばし)と組み合わせ、
卵を産む哺乳類を作る必要があり、
これには非常に賢明な工学技術が必要だった。

どのような生命体であれ、その創造が何らかの原始的な「泥」から形作られて
偶然の一致で起きた化学物質の相互作用の結果であるという発想は、
あり得ないばかりか馬鹿らしいどころの話ですらない!


また「食物連鎖」は意図的に作りだされた生態であり、
自然なものではない

生物的有機体において最も大きな技術的難題は、
自己繁殖あるいは有性生殖の発明であった。
それは他の生物から破壊されたり食われてしまった生物は、
常に補充され製造しなければならない解決策として発明された。

ある生物が、自らのエネルギー源として
他の生命体の肉体を食わなければならないという発想は、
生物工学ビジネスの中でも最も大きい会社の一つが
解決策として提案したのだった。

彼らは虫と顕花植物を創造することを専門としていた。
この2つの間の繋がりは明白である。ほとんど全ての顕花植物は、
繁殖するために虫との共生関係を必要としている。なぜか? 
それは虫と顕花植物の両方がその会社によって創造されたからである!
その会社の名前を簡単に英語に訳すると
「バグ・アンド・ブロッサム(虫と花)」である。

彼らは宣伝企画に使うための「科学理論」をでっち上げ、
その理論はすべての生き物はエネルギー源として
「食物」が必要であるというものだった。
なぜならそれ以前は、製造されていたいかなる生命体も、
外からのエネルギーの摂取を必要とはしておらず、
動物たちは他の動物を食物として食うことはなかったのである。
つまり、全ての生命体は太陽光や鉱物、
あるいは植物質しか必要とはしなかったからである。


「バグ・アンド・ブロッサム」は肉食動物の製造ビジネスに参入したが
あまりにも多くの動物たちが食べ物として食われるようになったために、
それらを補充するということが困難になっていった。

「バグ・アンド・ブロッサム」は「有性生殖」という解決策を提案し
全ての現存する生命体の細胞の設計に刷り込まねばならないこととされた。
しかしこの方法は非常に費用のかかる不経済なことであり
その結果、「食べ物とセックス」の発想は、
「バグ・アンド・ブロッサム」も含め
バイオテクノロジー業界全体を完全に崩壊させることとなった。

ここから遠く離れたいくつかの惑星には、
生体工学の製法を記録したコンピューターファイルがまだ残っている。
あるいはどこかで、そうした研究所や
コンピューターが稼働している可能性はある。

しかしそれを使って何かをしている者は誰もいない。
したがってドメインにとって、減少傾向にある
地球に残された生物たちを守るのが、なぜそれほど
重要なことであるのかを、あなたは理解できるはずである。』


<用語説明>
IS-BE…魂
ドメイン…宇宙人エアルの所属組織
旧帝国…地球を支配するネガティブET組織

マチルダ・オードネル・マックエルロイが提供した文書に基づいて
『エイリアンインタビュー』 ローレンス・R・スペンサー Lulu.com 
より一部編集



品種改良や遺伝子操作によって、現在進行形で
様々な種を掛け合わせたハイブリッド種が生まれており
最近では動物×人間のキメラも登場するようになりました。
このようにして人間の手により次々と新しい種が
増えている現状を目の当たりにしながら、当の人間達は
未だに「進化論」を信じているというのも滑稽な話ではありますが
一方地球原産の爬虫類人ラケルタの話によれば
生命には「進化テンプレート」なるものがあり、
時間さえかければ恐竜→人間に進化することも可能であり
自分達はそうして進化したと言っています。
ただしそういった自然進化には何千万年も要することで
人間のような短期間での突然進化は、
外宇宙人の遺伝子操作によるものだということです。

関連記事
 

フリーエリア

検索フォーム

フリーエリア

プロフィール

Nada

Author:Nada
オカルト・陰謀論・不思議などに興味があります。主にD.アイク氏、無明庵EO氏などに影響を受けてます。
個人ブログhttp://blog.livedoor.jp/siest/

フリーエリア2