記事一覧

古代核戦争の痕跡2

◆古代核戦争らしき形跡が残るモヘンジョダロ遺跡の昔の姿出典:Wikipedia/モヘンジョダロモヘンジョダロは発掘が進むにつれて、それは単なる僧院などではなく、巨大な古代都市の遺跡であることが明らかとなった。発掘は、十数年の間、休みなく続けられ、この古代都市の姿は、少しずつ姿をあらわしてきた。堅固な城塞、整然とした碁盤目状の街路、完備された排水設備、見上げるばかりの穀物倉、広大な沐浴場・・・それらは、何千年...

続きを読む

古代核戦争の痕跡1

人類史上初めての原爆実験が米ニューメキシコで行われた時、爆発の高熱に晒された砂漠の砂は、溶解して緑色のガラスのように変化したという。それは砂が一瞬の高熱によって熱せられて溶解し、そのままの姿で固形化するためである。しかし、この実験結果に注目したのは以外にもある考古学者達だった。それまで数年に渡って、約8000年前のユーフラテスの遺跡を掘削していた彼らが到達したのは奇妙な地層だった。それはまるで古代に核...

続きを読む

全世界に広がる失踪システム

◆アメリカの行方不明者たちのいくつかで共通している「異常に不可解」な事実から推測できる「全世界に広がる失踪システム」。目的や方法は不明Epoch Timesアメリカの元警察官が、アメリカ全土の2000件の行方不明事象を調査している中で「不可解なことや、共通する事象がいくつもの事例で見られた」ことを記しています。その中にあった例として、・行方不明者が遺体で見つかる場合、水のある場所や国立公園など特定の場所で見つかる...

続きを読む

宇宙人ユミット3/手紙について

◆手紙で使用されている言語についてスペイン語で書かれていると言ったが、実はこれは舞台がスペインであり、同国人に伝えようとするからスペイン語なのであって、他の国ではまた、その国の言葉になっている。実はユミットと接触しているのは、スペイン・グループばかりでない。1950年に最初に降り立って基地を作ったフランス(基地はその後放棄)、1952年に訪れたスペインを始め、カナダ、アメリカ、ロシア、イタリア、ド...

続きを読む

宇宙人ユミット2/ウンモ星の様子

◆ウンモ星の様子ウンモ星は、地球より少し大きい惑星である引力は地球より20パーセントほど強い。地球人が降り立ったら、体重50㌔グラムの 人は60㌔グラムの重さになってしまう。磁場は地球の1000倍以上も強力である。そのため、オーロラが夜空に常に現れていて、ユミットたちは、「空にかかったこの 大きくて色鮮やかなマフラーを、いつまでも眺めて飽きることがない」そうである。惑星ウンモには月がないので、夜空の...

続きを読む

人間が健康になるための食べ物

人間が健康になるための食べ物というのはスーパーでは売っていません。売っているのは食品であって、食品ではダメです。病院も食品しか出しません。そうした物では病気はどんどん悪くなっていきます。食べ物というのは、例えば、ホウレン草にしろコンニャクにしろ目で見てすぐに分かる物のことです。自分の住んでいる土地の周辺でとれる物、木から採れる物、そういう物を食べることが大切です。さらにいえば、健康は食事だけでダメ...

続きを読む

宇宙人ユミット1/最初の地球訪問

地球には様々な宇宙人がやって来ていますが宇宙人ユミットは手紙でコンタクトしてくるというちょっと変わった宇宙人です。1962年に、ウンモ(UMMO)星人と名乗る異星人から、スペイン語の不思議な手紙が、いろいろな職種の人に届いたのが事の始まりでした。手紙の内容は、ウンモ星の様子や社会の仕組みの紹介、地球にはまだない高度な未来テクノロジーについてなど。最初は誰かのイタズラと思われスルーされていたが、ある科学者が興...

続きを読む

クリスマス12/25は悪魔の誕生日

ロスチャイルド家の食卓では、1 つだけ席を空けておく。それは、彼らにとっての神=サタン=ニムロデのためである。ニムロデのシンボルは×であり、ギリシャ語の X'mas はこれに由来するという。イエスは光だから、本来ならば太陽が復活する冬至が誕生日とされても良いが、わざわざ12月25日とされたのは、ニムロデを崇拝させるためである。これは、ローマ皇帝テオドシウスが異教徒たちをクリスチャンに仕上げてしまい、異教徒の儀式...

続きを読む

セレブ女優(元イルミナティ)の内部告発2

イルミナティの悪魔たちへ、私からメッセージを送ります。イルミナティには、もううんざりしています。あなた方以外の連中(=イルミナティ)へ私からどきつい手紙を送りつけますが、言葉づかいが悪く、気分を害することになるかもしれませんが、ご了承ください。さて、奴らに対する手紙に戻らせてください。私は奴らの”でたらめ”にうんざりしているし、私たち人類の命をまるで奴らの使い捨て玩具のように扱っていることにうんざり...

続きを読む

セレブ女優(元イルミナティ)の内部告発1

こんにちは、みなさん。わたしは、ミス・ティラ(ティラ・テキーラ)です。自由のために戦っています。私がこのビデオを流すことになったきっかけは、重要な内部文書を手にし、みなさんに証拠となる情報をお伝えすべき時がきたと思ったからです。私をサポートしてくださっている皆さんに感謝します。より多くの人々がサポートしてくだされば、私は声を大にしてより多くの真実をお伝えできます。なぜなら、私は真実を語っているから...

続きを読む

精製塩が体に悪くないという噓

さて、ここで重要になるのが精製塩ですから精製とはなんなのか、ということになります。いきなり話は変わりますが、みなさんは麻薬や覚醒剤や向精神薬は悪いものとか毒だと思いますか?おそらく私のウォールを見ているすべての人は、これを良いものだとは思っていないでしょうし、思っているのは業界人かアンチだけだと思われます。では麻薬や向精神薬とはなにかへんちくりんな毒が入っているのでしょうか?これは薬理学を勉強しな...

続きを読む

ラケルタファイル9/超常現象のしくみ

質問:実に魅力的ですね。どのような超常現象を作り出す事が可能ですか?回答:全て。あなた方が超常的と呼んでいるもの全てだ。前にも話したように、この特別な層は形態形成情報層と物質層の中間に位置する影響圏に存在しており、どちらの側にも影響する事ができるのだ。すなわち、精神或いは心の情報のみならず、固体にも相互に作用できることから、我々には一般に表されているテレキネシスやテレパシーなどの全てを実現可能なの...

続きを読む

ラケルタファイル8/次元・超能力について

質問:例えば、あなたの思考の力のような超常的な力に関する科学的実証はありますか?回答:ある。それを説明するためには、影響圏の物質的実態に関する知識が必要となる。それを説明するので、しばらく待っていて欲しい。あなた方が見ている物が本当の宇宙の本質であるという幻想から、自分自身を精神面で切り離す必要がある。それはせいぜい斜面の表面だ。あなたやこのテーブル、この鉛筆、この専門装置やこの書類など、ここにあ...

続きを読む

ラケルタファイル7/人間の意識・行動プログラム

質問:ここにあるような信心深いコメントや悪意に満ちたコメントを読んで、あなたはどんな風に感じていますか?あなたの種族と私たちの関係は、本当にある種の全体否定の形を取っているのでしょうか?回答:私がそれに激怒していない事であなたは驚いているのか?私はそのような種類の極端な反応を完全に予測していたのだ。あなた方の場合、他の種族への徹底的な否定のプログラム(特にレプティリアンの種族に対して)が各個人の意...

続きを読む

レプティリアンが「恐怖」や「不安」を好む理由

人間の肉食性や冷酷性、攻撃性は、大脳の中の古い組織である脳幹=“爬虫類の脳”に由来していることは、大脳生理学で判明している事実である。脳幹は生命維持や種族保存の中枢を司る器官であり、大脳皮質が覆って抑制することにより、“人間らしさ”が現れる。つまり、脳幹の性質が露わになると、冷血動物である爬虫類の持つ冷酷性や残虐性が表に現れ、人間としての性質が無くなる。このような脳の形態は、人類が魚類から両生類、爬虫...

続きを読む

宇宙人グレイ種について

アレックス・コリア氏によると、現在地球に干渉している悪質な宇宙人は・アルファ・ドラコニス・レプティリアン・オリオン・グループ(グレイ系)・ギザ・インテリジェンス(ナチスに関与)・ゼータ・レチクルからの裏切り者(プレアデス人、アルデバラン人?)オリオングループのレプティリアンが地球人のDNA操作を始めたのが14000年前。そして本来12本有る染色体→2本にされるという悪質なDNA操作をされたのが5700年前。それ以来...

続きを読む

ラケルタファイル6/今の人類は7番目

ラケルタファイル(The Lacerta File) -Part6質問:それは、あなたのレプティリアンとしての存在に代わって、現在私が魅力的な茶色い髪をした女性と会話しているように私を信じ込ませているということですか?回答:おそらくは、しかしあなたが特別なケースだとは思わない。私ではなく人間の女性に会いたいと誰かが望めば、私は問題なくそれをその人の精神に対して行える(団体のような大きな一団であっても)、何故ならトカゲの女...

続きを読む

反重力「ハチソン効果」

ハチソン効果とは…カナダの自称発明家、ジョン・ハチソンが1979年に発表した反重力物体浮遊などの現象のこと。ハチソンによれば、テスラコイルなどの多くの電子コイル類や、ヴァン・デ・グラフ起電機と呼ばれるハチソンが独自に開発した機械を用いた実験設備(その詳細は一切公開されていない)で、いつものように実験を行っていたところ、ある日、偶然にも次のような現象を発見したのだという。・反重力浮遊現象・金属の湾曲現象...

続きを読む

聖書・神話は改ざんされている

マルドゥクの野望が原因で、核戦争を含むあらゆる災いが発生したことが判明した。他にも、マルドゥクが偶像崇拝の根源であり、イナンナと共にサタン(ルシファー)の原型であることも述べた。そして、核戦争後にマルドゥクは全アヌンナキに君臨する「神」となり、あらゆる神話・伝承を自分にとって都合が良いように改竄した。当然、人類の「神々」に対する理解は混乱して様々な誤解が発生し、現在まで引き継がれる偶像崇拝、サタン...

続きを読む

アヌンナキと悪魔論

中世の悪魔論では、「バアル」は60人以上の配下を持つ悪魔の弁護人とされた。その他、2本の角と尻尾を持つ「ベルフェゴール」や、蝿の姿をした「ベルゼブブ」、80人の軍勢を従える地獄の大使「ベリアル」など、様々な悪魔が生み出された。この「ベル」や「ベリ」はバアルに由来し、本質的には同じ悪魔(異教の神)である。聖書外典の『バルトロマイの福音書』によると、ベリアルは最初に創造された天使だという。つまり、ベリアル...

続きを読む

ラケルタファイル5/レプティリアンの歴史・住処など

ラケルタファイル(The Lacerta File) -Part5質問:いや今でなくて良いです。私はあなた方の歴史に関して書き留めていますが、今は幾つか質問があります。回答:どうぞ。質問:まず、あなたは非常に広い範囲の時間的尺度を扱っていますね。あなたは、あなた方の初期の祖先が恐竜と共に暮らしており、あなたが呼ぶ所の人為的な大変動を生き残り、4,000万年以上もの進化を経て、その進化が完成したのが1,000万年前だと主張しています...

続きを読む

ラケルタファイル4/エロヒムとの関係

ラケルタファイル(The Lacerta File) -Part4質問:あなたの種族に関する博物学や進化に関して何か答えられますか?あなたの種族は何歳なのですか?あなた方は、人間が猿から進化したのと同じく、原始的な爬虫類から進化したのですか?回答:ああ、これは非常に長く込み入った話であり、あなた方にとっては全く信じがたいことのように聞こえるだろう。しかし、これは真実だ。手短に説明するよう努力してみるつもりだ。約6500万年前...

続きを読む

日本とイスラエルの関係

実は「神武天皇」から「仁徳天皇」までは、たった一人の天皇でした。その鍵を握っていたのが京都の若狭湾にある天橋立(あまのはしだて)です。昔から天橋立を管理している神社があります。それは、「籠神社(このじんじゃ)」です。籠神社の「籠」は、籠目(かごめ)を表しています。籠目が「六芒星」だということを憶えていますか。今でこそ、カゴメ・ケチャップのマークは六芒星ではありませんが、昔のマークは社名の通り「籠目...

続きを読む

人肉の味を再現「人肉バーガー」

「Daily Mail」の記事よりこのハンバーガーを生み出したのはシェフのジェームズ・トムリンソン。人気ホラードラマ『ウォーキング・デッド シーズン5』を記念して、ロンドン東部のポップアップ・レストランで提供するのだとか。『ウォーキング・デッド』といえば、言わずもがなのゾンビものドラマで、不気味なゾンビたちが人肉を貪る過激なシーンも続出するホラーアクションだ。トムリンソンさんは、カニバリズム(食人嗜好)につい...

続きを読む

ラケルタファイル3/レプティリアンの体質・食物など

ラケルタファイル(The Lacerta File) -Part32002年7月24日質問:あなたが通常着ているのはどのような服ですか?これは普段あなたが着ている方法ではないと思いますが。回答:その通り、この人間の普段着を私が着るのは、私が人間に混じっている時だけだ。正直なところ、このようなきつい物を着るのは私にとって快適とは言えず、常に独特な感覚を覚える。自宅(これは地下の家を意味する)や巨大な人工太陽エリアに居る場合、そして...

続きを読む

ラケルタファイル2/レプティリアンの生態

ラケルタファイル(The Lacerta File) -Part22002年7月24日質問:あなた方は特別なシンボル、或いはあなたの種を識別可能となるような何かを持っていますか?回答:我々は、自らの種を象徴する2つの主要なシンボルを持っている。1つ目の(より古い)シンボルには、黒地に4枚の羽根を持つ青い蛇が描かれている(色は我々にとって宗教的意味合いを持っている)。このシンボルは我々の特定の団体の一部に使用されているが、今日ではめ...

続きを読む

ラケルタファイル1/あるレプティリアン女性との対話

ラケルタという女性レプティリアンとの対話記録です。本文の抜粋・編集は禁止されているのでそのまま転載しています。(本文に入る前の翻訳者による前書き部分はカットしています)日付:1999年12月16日ラケルタファイル(The Lacerta File) -Part1質問:第一に、あなたは誰であり何者なのですか?あなたは地球外の種族であるのか、或いはあなたの起源はこの地球で見つけることが可能なのですか?回答:見ての通り、私はあなた方の...

続きを読む

アルファ・ドラコニスと人工知能

Q:ドラコの皇族はどんな見た目ですか?A:不運にも、私はドラコの皇族に会ってしまいましたが、二度と会いたくありませんね。そのドラコはおよそ4.26mで、肩幅が1.5m…もっとあるかもしれません。とにかく広くて威嚇的です。Q:彼らの肌の色は?A:白と、赤色の種類があります。赤というより不気味な茶色で、翼がありますが、やや小型でそれほど筋肉質ではありません。Q:目の感じは?A: 目の大きさは爬虫類と同じで、瞳孔...

続きを読む

植物を使った発電法

植物が人間生活に貢献してくれていることは、食べ物として、道具として、燃料として、観賞物として、薬としてなど、さまざまありますが、そこに新たに「発電」が加わりそうなニュースです。この発電法は、植物も微生物も「生きたまま」でおこなう、あるいは「自然の状態のまま」での発電方法でもあります。必要なのは「水」「微生物」「植物」inhabitat.comオランダの企業「Plant-e」が開発したのは、植物を植えた湿地から電力を“...

続きを読む

アヌンナキは神か?悪魔か?

天から地球にやってきたアヌンナキは髭をたくわえた神で、非常に背が高く、彼らの起源は古代こと座で、人類はニビルまたは惑星Xと呼んでおり、数千年かけて公転する星にコロニーをもっています。彼らが地球にいた頃は、男女6人づつの計12人で構成される評議会が、宇宙の法則に従って活動していました。彼らはある意味で非常に気高く、強力で、愛に溢れていました。その頃、滅びかけていた彼らの星ニビルを救う手段が必要とされ...

続きを読む

シャンバラ地獄説/テオドール・イリオンの探検記

1937年、ナチス政権下のドイツで、従来のシャンバラ観を覆す衝撃的な探検記が発表された。著者はドイツの探検家テオドール・イリオンである。チベット領内に外国人がいることは違法とされていた当時、この神秘なる地に足を踏み入れた数少ない西洋人の一人であった。◆テオドール・イリオンチベットの理想郷「シャンバラ」を捜し求めて外国人禁断の国チベットに単身入国したドイツ人探検家イリオンは1932年に「チベット踏査...

続きを読む

フリーエリア

検索フォーム

フリーエリア

プロフィール

Nada

Author:Nada
オカルト・陰謀論・不思議などに興味があります。主にD.アイク氏、無明庵EO氏などに影響を受けてます。
個人ブログhttp://blog.livedoor.jp/siest/

フリーエリア2