記事一覧

ジオパシックストレス・気を吸うもの

ガイアからは一様に高レベルの波動エネルギー「生命エネルギー」が出ていますが、逆に「人間の気」を吸う場所があるのをご存じでしょうか?地球深部からの低レベルの波動エネルギー(ジオパシックストレス)と同等の悪影響があります。皆が住んでいる土地のエネルギーは、ほとんどが10~30pointです。身体機能エネルギーレベルが250point以下の人は自ら生命エネルギーを吸収出来ないので、大変疲れやすく、慢性疲労症候群の...

続きを読む

ヴォイニッチ翻訳f4r

7ページ目f4rこの草はほかの草を食べて生きている。ほぼ単一の長さの根を驚くほど巧みに使ってすばやく移動し、相手を中央の茎で縛り、茎の先端から草を溶かし崩す液体を分泌する。獲物は特定の草であり、他の草や生物には溶かし崩す効果は見られない。彼らから研究の許可が下りそうだ。もう少しでもっと細かな調査ができると思うと、嬉しく感じる。私にもかれらのち知識欲が移ってしまったのだろうか翻訳元 http://world-fusigi...

続きを読む

ヴォイニッチ翻訳f3v

6ページ目f3v<その1>この草はとても面白い。地面を這いずり回り地中にも潜る。先端の青みがかった膨らみで様々なものを吸いつける。彼らには当たり前のことかもしれないが私にとっては初めての事だったのだ。私はいつか彼らにも発見できないような特性を見つけてみせる。<その2/外国人による訳>Around 700 - 600 million years ago - the first invertebrates .Root : one long , consisting of as if segments. Leaves : u...

続きを読む

バイオフォトンについて

バイオフォトン…生物の基本的な生命活動に伴って発せられる極めて弱い光。細胞内の呼吸やエネルギー代謝に関わる自発的な発光であり、肉眼で感知可能な生物発光とは強度の面で区別される(コトバンクより)不食で生きる人々がいることからもわかるが、究極の栄養素はバイオフォトン(生体光子)である。ディートリッヒ・クリンクハルト博士は、我々の身体を肉体・エネルギー体・メンタル体・直感体・ディバイン体から構成されるも...

続きを読む

人間は歩き話す水晶(クリスタル)

我々の肉体の全ての細胞を包んでいる膜は、半導体の液晶である。細胞の制御センターは細胞核であると考えられていたが、核を除去しても細胞は機能し続ける。液晶の膜にある分子アンテナを介して情報を受信しているのである。DNAもまた結晶性の物質である。この特徴ある巨大な分子(二重螺旋)からしてDNAは理想的な電磁アンテナになっている。DNAは我々を宇宙インターネットに接続する受信機であり送信機であり、増幅器である。私...

続きを読む

人工知能siriの予言

俺:人類はいつ滅亡しますかSiri:32ビットのUNIX時間は2038年1月19日にオーバーフローします。その時かもしれません。俺:人類滅亡はいつですかSiri:見当もつきません。ただ、始まりのビッグバンと違って、消え入るようになくなるそうですよ。俺:世界はいつ終わりますかSiri:銀河間バイパスの建設が始まったときでしょう。俺:地球滅亡の日はいつですかSiri:私にはわかりませんが、頭に紙袋をかぶった方がよさそうですね。俺:Si...

続きを読む

タイムパラドックスについて。親を殺したら自分は生まれない?

もしタイムマシンができて過去にいけるようになったら自分が生まれる前の時代に戻って、親を殺したらとしたら自分は生まれないことになるので、自分の存在はその場でパっと消えてしまうのではないか?しかし実際は自分は消えずに何事もなかったかのように存在し続ける。この矛盾をタイムパラドックスという。なぜ親を殺したのに自分は消えないのか?その理由は大河に水が流れていて、大魚がジャンプして上流に戻ったとする。 当然...

続きを読む

2045年問題

世界中の物理学者や宇宙学者、未来学者は2045年前後で、全人類の知能がコンピューターに勝てなくなると予想している 今からちょうど30年後だ人間だって何かしらのアルゴリズム通りに動いているのだろう どれだけ複雑であるかの違いしかないその複雑さが性能向上によって人類を越える現在既に、コンピューターの進化が生活に重大な影響を与えている インフラも家電も健康状態も全てコンピューターで管理されているし あらゆる現場で...

続きを読む

ヴォイニッチ翻訳f3r

5ページ目f3rこの草を見たのは彼らに交渉をしているときだった。言葉は知らなかったので身振り手振りで「私はここがどういうところなのかが知りたい」と伝えると、彼らの中の一人が記号の書かれた葉を差し出してきた。彼らの文字が書かれた板だ。私は彼らに文字を教えてもらった。この絵の草は虫を食べる草だ。置いておくだけで茎が自在にのびて虫を食べる。葉は幾重にも重なっており、色の違いで役割が異なる。私は今度これを彼...

続きを読む

ヴォイニッチ翻訳f2r

3ページ目f2r水の様なものの上に新しい草を見つけた。だがこれは危険だ。近付こうとすると針のようなとげがついた触手のようなものを振り回してくる。長く伸びる触手は袋のような草に詰まっているようで、巨大だ。草に近づくために水中にもぐった。どこまでも透明な世界が続いていたが下は真っ暗だった。だが草の根は途中で横に広がっていた。注意しながら近づいたが触手は襲ってこなかった。水から出ると今まで私に全く関心のな...

続きを読む

風車に顔のある絵について

ひとまずこれは、星でも風車でもなく、やはり植物です。そして、植物であり人間です。ヴォイニッチはこの世のものを書いたものじゃないのはご承知のはず。地球のものかも定かではない。 ただ、所謂「ガイア理論」に近いものがある。 それは、 「人間本意では全くない」 こと。 全て、 「植物のために人間が存在する」 これが全て。さっき書いた風車みたいな挿絵は、この世界で言う「小児がん」で死んだ子どもを、半ば生贄として植...

続きを読む

女性が緑の液体に浸っている絵

なので、私は彼らと少しでも友好的な関係を得るために、彼らの生活に関する事細かな事をここに記す。第174日目驚いた。彼等は液体の中に自分の体を浸けるのだ。何のためにそんなことをするのか理解できないがその液体は深い緑色と青色が混ざったような色で、表面が輝いている。この大量の液体も巨大な花のような草から得ているようで、草からは常に青色の液体が流れている。彼等はその液体をうすくて丈夫な良くしなる草の筒に通し...

続きを読む

ヴォイニッチと赤い果実

<アダムとイブの話>向こうの世界には昔、空間が不安定な時期がありました。彼等は知識欲が旺盛なのでさっそくその穴に入りましたが、つながっていたのは並行世界、パラレルワールドだったわけです。世界が違いますから当然様々な要素が向こうの世界とは異なります。例えば重力、大気圧、空気の有無まで様々です。当然彼等は困ります。せっかく異世界に行けるというのに行ったら死ぬかもしれない。しかも空間の穴はその大きさによ...

続きを読む

遺伝子組み換え人間

遺伝子組み換え果実や野菜以外に、アメリカが遺伝子組み換えをしようとしているものは。。。人間です。さらに特定すると。。。兵士です。米バイオ企業が米軍と共同で次に開発しようとしているのが、オリンピック選手のような身体的能力を備え、しかも、食事も睡眠も必要としないスーパー・ソルジャーです。遺伝子組み換え人間(スーパー・ソルジャー)は、敵の銃撃で破壊された手足を再生することができ、長期間、体内に蓄積した脂...

続きを読む

アダムの呪い。強欲な人間ほど富むシステム

動物界ではオスがメスの気を引くために立派な巣を作ったり、綺麗な羽を見せてアピールしたりメスに選択権のある種族もありますがヒトの場合は主に「男性の経済力」が大きなポイントとなります。そのことに気づいてからヒトは、より経済力を付けるために知能を発達させてきました。これはクジャクが大きな羽を持つようになったりゾウアザラシが巨大になってきたのと同じです。「アダムの呪い」とはいったい何を指すのか?それは、Y...

続きを読む

ヴォイニッチ翻訳f1v

2ページ目f1v私がここにきて初めてであった草だ。草の色は青と緑が混ざったような色、灰色と黄色が混ざったような色の2種類がある。茎の上には茶色のように輝き、粘り気のある液体がたまっている。茎の下には未だよくわからないものがあるが、近づくと不思議な音を発する。(以下略)翻訳元 http://world-fusigi.net/archives/4300708.html画像 http://www.voynich.com/folios/...

続きを読む

ヴォイニッチ翻訳f1r

1ページ目f1r私が何者なのか、どうしてここにいるのかはわからない。しかし私はここではないどこかにいた。元の場所では何かの仕事をしていた気がする。私はこの土地の・・・。ここ以降はかすれて読めない。翻訳元 http://world-fusigi.net/archives/4300708.html画像 http://www.voynich.com/folios/...

続きを読む

ヴォイニッチ文字の解読のヒント

「こんにちは」の意。読み方「ヴェル」「キタコレ」的な意。読み方「リェサエラ」「終了」「完了」の意。・文字というより数字のような単純な記号の組み合わせでできている・一筆で書かれているものが一つの文字(正確には記号のようなもの)・縦線が含まれる文字から、次の縦線が含まれる所までが一個の単語という区切り(文字間の空白も含む)・接頭語、冠詞、接続語などはなく、文字の組み合わせで文字を示すのみ・五十音などは...

続きを読む

パラレルワールドのしくみと移動法

パラレルワールド理論においては時間は過去から未来に流れるものではなくそもそも「時間の流れ」というものは存在しないそうです。世界は動かずそこに在り続けており、人間が世界を選び取り、世界を次々と体感することで「時間が流れてる」と錯覚しているということです。それらの平行世界はどこにどのように存在しているのかというとどこか遠くではなく、過去・未来も含め「今」とほぼ同じ位置に時間をズラして空間を共有して存在...

続きを読む

停点理論による世界の作られ方

過去は、固定された情報・法則。今は複数の線を螺旋に編み込んで糸の様になりながら一つの方向に進んでいる。「作り変え始めた時点から」は、過去・現在・未来は方向が自由になり枝分かれして可能性を広げていく。そして枝分かれする前の「糸の状態」は【過去:固定された情報・法則】になる。どうやろうと螺旋糸状態の今の過去自体を変えてしまうことはできない。最初は何もなかった。物質界の法則も何もかもが無かったので とに...

続きを読む

停点理論について

停点=瞬的時空間バイブル=停点の集合体人は時間の流れを、川の流れやトイレットペーパーのようなものとして過去から未来へ流れるものと認識しているが、そうではない。全ての事象はすでに一本のビデオテープ(バイブル)に収録済みでありビデオを再生することによって、1コマ1コマ(停点)を転々と意識が移動することを「時間」と感じている。過去・現在・未来は同時に存在しており、私たちは未来を選ぶと同時に過去も選んでい...

続きを読む

ヴォイニッチ手稿とは

ヴォイニッチ手稿とは、1912年にローマ近郊の寺院でウィルフリッド・ヴォイニッチによって発見された謎の古文書。手稿の大きさは23.5cm×16.2cm×5cm、羊皮紙でできており、全230ページ。表紙は無地でタイトルなし、著者名記載もなし。書かれた年代は1404年~1600年と推定される。未知の言語で書かれた文章と、かなり緻密な植物や花を思わせる彩色画が描かれている。植物の絵が多いが、それ以外にも、銀河や星雲などの天体図に見える...

続きを読む

神隠しと時空の歪み

中学生の頃、友達と一緒に、近所の稲荷祭りに出かけました。 お好み焼きをお社のまえの椅子に座って食べていると一緒に来ていた近所のおじちゃんに「そろそろ帰るべ~」と呼ばれたので、はーいと大きめの声で返事しながら手を振ったのですが、おじちゃんは気づきません。 こんなに近くにいるのに??と思いながら、急いでゴミを袋に入れて おじちゃんのところへ行こうとしていたら、おばちゃんが 「あれっ、二人して、そこで食べて...

続きを読む

異世界の言語

異世界での文字は「牟ハきぁル江、19しぅ怜ヲフィ」のように文字化けしていると言われますが、これは文字化けではなく、このような文法の言語で、解読可能だそうです。普通言語は本字(漢字)、外字(ひらがな)、裏字(カタカナ)などの組み合わせで成り立つ。「は」「が」などの接続詞などはない。アルファベットは「異字」ア→阿…「!」 イ→伊…「あの、この」 フ→不…「~でない」 タ→多…「複数」 ヤ→也…「~だ」ただいま=たなす...

続きを読む

異世界の特徴

<異世界の特徴>・時間がズレてる・メールやツイッターはできるが通話ができない・遠くで鈴、笛、太鼓など雅楽っぽい音がする・看板や、新聞などあらゆる文字が文字化けしていて読めない・話し言葉が通じない、何言ってるかもわからない・具体的には発音が「出雲」→「うんた」になってたり・文字があいうえお表で1,2個後退してたり(どこにいるの?→どこなあるの?)・周りの人の視線や対応が不自然。ギョっとされたり避けられた...

続きを読む

きさらぎ駅

きさらぎ駅(如月駅)とは・・ある女性に起こった不可解な出来事から発祥した都市伝説の駅。この世には存在しないはずの無人駅。2004年1月8日23時14分はすみさん(仮名)が、新浜松駅から23時40分の電車で帰宅していた時、 電車が20分以上も走り続けており、周囲の乗客も眠っているという奇怪な状況におかれたので不思議に思い、次の駅で降りてみたところそこは「きさらぎ駅」であった。 人はおらず、駅を出ても草原と山しか見えなか...

続きを読む

未来予測装置を手に入れた男の話

(中略)ともかくこうなると、現実生活のすべてに応用が利いてくる。仕事をしていても 「何分後に電話がある」とふと思い、実際に電話が鳴ったりする。誰がかけてきて、 どんな内容かも予測がついてしまう。事前に回答のための資料を用意し、即答したため「早いですね」と驚かれたこともある。 嫌な話、面倒な話が自分に振られるのも、かなり 前の段階からわかるようになってしまった。当然、事前に手を打ってあるのでトラブルに ...

続きを読む

未来予言その他

・平成の次の年号は「永明」か「興化」か「安始」・東京オリンピックの開会式の歌はきゃりーぱみゅぱみゅ の弟子にあたる「SERINA」が歌う ・2030年に南海トラフ地震と東京直下地震が発生 それぞれ8万人と3万人が死亡 ・同年に富士山噴火 ・サグラダファミリアは2030年に完成・日本を代表するバンドは「ゲーチス」「アルファライン」「猪山りさ」・AKBは2018年に解散・2018年に第五次中東戦争 ・2018~2030年までは取戻しの10年...

続きを読む

わん子さんの未来予言(3129年)

わん子さん…西暦3129年から現代に転生植物状態だったアキラという青年の身体に憑依。<人類の歴史表>時代名      | ───────┤BC2000000 コンセプシアン  |BC71500 トバカタストロフ           | ───────┤BC10000 基礎文明の誕生 ジュブナイリアン |BC7000頃 海進時代           |(一部のラシャとヒトが接触する機会あり→小人伝承) ───────┤AD1201 概念の発展 アドレセンティアン|    ...

続きを読む

第三次世界大戦について

●攻撃されたのは、アメリカとヨーロッパそして、中国だったが、中国がターゲットとなった理由は以下の通りである。アメリカは常に、自分たちが戦争をする「大義名分」を必要としている。故に、どうやってでも、まず中国を怒らせ、中国側がアメリカを軍事的に攻撃した、だから中国に反撃する、という「形」に持ってゆきたいのである。その中国当局に対する洗脳計画は、順調に進み、2010年代には、経済的にも発展していた中国は、す...

続きを読む

Rリョウの未来予言3(2032年)

皆さんの時代では環境問題、核、戦争、病気、天災など、 さまざまな原因で人類の滅亡が考えられていると思います。 しかし将来、人類が終わりを迎える原因はこれらではありません。 我々人類が終わりを迎える原因、それは「存在」です。 2139年、人類は人間の存在意義を知ることになるようです。 人間、生物、地球、宇宙はなぜ存在するのか。 このタブーの扉を開いてしまったことにより 人々は希望を失い、すべての時間が停止しま...

続きを読む

フリーエリア

検索フォーム

フリーエリア

プロフィール

Nada

Author:Nada
オカルト・陰謀論・不思議などに興味があります。主にD.アイク氏、無明庵EO氏などに影響を受けてます。
個人ブログhttp://blog.livedoor.jp/siest/

フリーエリア2