記事一覧

宇宙戦争の様子など

こちらの動画より抜粋地球の周りに存在する電磁場(21:06~)この電磁シールドによって、地球は宇宙の有害放射線から守られているとされますが、この電磁シールドこそが魂を地球に閉じ込めるために張り巡らされたAIネットでありスミス・プログラム(ホログラムの空)を作り出しているものだそうです。これは宇宙での戦争の様子が描写されてるようです(24:18~)土星や天王星が応戦してる様子らしいですが、人間が感知できない...

続きを読む

現実を生み出す「マトリョーシカ脳」と「ダイソン球」

この世は現実か偽物か――。この深遠な謎をめぐって古来から宗教や哲学、芸術などで数多く解明の試みが行われてきた。そして現在、この謎は「シミュレーション仮説」として科学者たちが挑む謎のひとつにもなっているが、そんな仮想現実空間に我々はすでに住んでいるのかもしれない。その可能性を拓くのが、トカナでもお馴染みの「ダイソン球」である。ダイソン球とは高名な宇宙物理学者フリーマン・ダイソン氏が提唱した構造物で、恒...

続きを読む

7つの宇宙

第一宇宙・プロトコスモス 〈第一宇宙〉創造の光における〈絶対〉第二宇宙・アヨコスモス 聖なる宇宙、あるいはメガロコスモス〈巨大宇宙〉第三宇宙・マクロコスモス 〈大宇宙〉我々の星雲界 銀河系第四宇宙・デュートロコスモス 〈第二宇宙〉太陽、太陽系第五宇宙・メゾコスモス 〈中宇宙〉全惑星 惑星界の代表としての地球第六宇宙・トリトコスモス 〈第三宇宙〉人間第七宇宙・ミクロコスモス 〈小宇宙〉原子それぞれの...

続きを読む

地球は丸くもないし青くもない可能性

私達の地球イメージはこのようなものですが人工衛星などの計測からあらわされる「ジオイド」によると実際の地球はこのような形らしいです。◆出典 s17.postimage.org◆出典 http://gpspp.sakura.ne.jp/diary200506.htm綺麗な球体ではなく、デコボコしたジャガイモのような形。なぜこのような形になったのかというと、・地球は地表のはるか下に液状の核があり、それが循環することでプレートもつられて動き、大陸に割れ目が入って山...

続きを読む

ホログラムを解除した空(宇宙)にあるもの

地球の上空には電磁シールドが張り巡らされており、地球から見える宇宙(夜空)の映像はホログラムだという説があります。今回はある装置を使って、そのホログラムを解除し空(宇宙)の本当の映像をとらえたという動画を教えていただいたので紹介します(0:35~)こちらの画像はリークされたNASAの秘密資料に載せられていたものです。これを見ると、地球のすぐ近くに太陽と月があるのが分かります。(0:51~)こちらは宇宙(上空...

続きを読む

宇宙に意識がある可能性

宇宙にちりばめられた惑星や恒星、ブラックホールなどにもし人間と同じような“意識”あったとしたら……。設問そのものの妥当性を疑う、突拍子もないものに感じられるかもしれないが、なんと最先端のサイエンスでは真面目に議論されているのである。■最先端の思考実験で“汎神論”が脚光を浴びる「NBC News」の記事より1989年放映のNHKスペシャル『驚異の小宇宙 人体』は大きな反響を呼び、これまでにも何度も再放送されて日本中の多く...

続きを読む

同じことを無限に繰り返している/サイクリック宇宙論

ある時、ふと過去に全く同じことをしたと感じることはないだろうか?それはもしかしたら、宇宙と時間が永遠に繰り返されているからかもしれない。■宇宙と時間は繰り返している誕生以来、宇宙は加速度的に膨張を続けていると言われており、その終局において限界を迎えた時、収縮を始めると考えられている。そして、数兆年かけ無限小の点にまで収縮すると、今度は再びビッグバンを起こし宇宙が創造される。英紙「Express」の記事(7...

続きを読む

爆発後に何度もよみがえる「ゾンビ星」

一度は超新星爆発によって“死んだ”はずの星が再び輝き始め、なぜか二度目の最後を迎えていった──。まるでゾンビのようによみがえる星を、米国の天文学者らが発見した。いったいどのような星なのか、その謎に迫る。■iPTF14hls/Wikipedia Example of a supernova Observational datahttps://en.wikipedia.org/wiki/IPTF14hls よりこれまで超新星爆発とは、巨大な質量をもつ星の終焉だと考えられてきた。特異な振る舞いをする超新星...

続きを読む

第2の月とブラックナイト衛星

今この瞬間にも、もうひとつの月がいるんです。「地球の自然衛星集団」と題された研究論文において、地球にはつねに月以外にもうひとつの衛星があることが論じられています。新しい「月」は、一時的に地球の衛星になるのですが、もとは太陽系の小惑星なのです。コーネル大学のマイケル・グランヴィック氏らによる研究チームが、「地球に一時的に捉えられたイレギュラーな自然衛星」の集団についてある試算を行いました。彼らによれ...

続きを読む

「太陽は熱くない」の科学

この考えのキーポイントは、「光とは何か」「熱とは」「温度とは」、それに「宇宙の真空の四次元空間を光や熱は、どのようにして伝わってくるのかについて、スカラー波理論の導入によって明確にした彼方に、新しい太陽像が考えられるのです。 ●200年前のハーシェルの考え「太陽は熱くない」ということを主張した科学者は、今から200年前ころに活躍した、近代天文学の父といわれるウイリアム・ハーシェル(1738~1822)です。...

続きを読む

月について2/グルジェフ

この太陽系では、いまだに存在しているいわゆる<広大な軌道>をめぐる彗星が機能していなくてはならなかったが、この彗星は<コンドール>と名付けられていた。ある時、この惑星の軌道が惑星地球の軌道上を横切らざるをえなくなった(P62)。そして《惑星地球と彗星コンドールは衝突し、おまけにその衝突があまりに激しかったため、その衝撃によって、惑星地球から二つの大きな破片が分離し、空間に飛び散ったのだ》(P63)。そし...

続きを読む

月について1/グルジェフ

『チャーンドーギヤ・ウパニシャッド』の「〔月は〕ソーマの王で、神々の食物である。それを神々は食べる」という奇妙な文章について。まず素直にウパニシャッドの文章を読めば、月は神々のソーマ酒を作る製造所であり、そのソーマ酒の王を神々は食物とすると読める。グルジェフの「人間は月の食料説」をウスペンスキーが書いたグルジェフの思想ノートである『奇蹟を求めて』から見ていくことにしたい。月は成長し、発展している。...

続きを読む

宇宙と宇宙を繋ぐもの

この宇宙が存在する前からの話。別の宇宙、同時並行的に存在する別次元の宇宙、と言っても良いのですが。宇宙は別々に存在しつつも、その間にはネットワークが存在していて。互いの宇宙同士で何らかのつながりを持って存在しています。別次元の宇宙と、この宇宙。その間には接続ケーブルのような役割をするモノが必要になり。別の宇宙から。仮にA1宇宙としますが。そのA1宇宙から、この私達の居る宇宙、こっちをA2宇宙と呼びましょ...

続きを読む

月と人間の関係

もし月がなかったら、地球はどうなっていたか?月のない地球は超高速で自転をはじめ、1日は8時間となる。強風が絶えず荒れ狂い、高山も存在せず、人類の進化の道は閉ざされる。もし月が今よりもっと地球に近かったら?地球の公転周期が短くなり、日食や月食が頻繁に起こり、潮の干満差が激しく、地震も頻発する。月の引力は地球の自転軸の傾きを23度に保ち、わずか1度でもずれると地球では大変動が発生。月は地球の気候の調節装置...

続きを読む

宇宙の謎いろいろ

この宇宙世界は、大雑把に言うと、振動数から10の密度に分けられているそうです。外見があるのは7密度まで、8~10密度は限りなく神に近付いた存在と言う事で、光の玉を想像するしかありません。神界や霊界の神様達は、8~10の進化ランクに属しているようです。そして一番上の10ランクに位置しているのが太陽神、日本で言う天照大神とかアラーの神という訳です。太陽に住んでいるのかって?その通り!だからこそ天照大神...

続きを読む

フリーエリア

検索フォーム

フリーエリア

プロフィール

Nada

Author:Nada
オカルト・陰謀論・不思議などに興味があります。主にD.アイク氏、無明庵EO氏などに影響を受けてます。
個人ブログhttp://blog.livedoor.jp/siest/

フリーエリア2