記事一覧

ユミット的「あの世」と「魂」の解釈

ユミットたちの言う「あの世」を覗いて見ることにしよう。「あの世」では人間の心的現象は、ばらばらにされ、序列がつけられて、ひとつの集合的魂の内に包括されてしまうのだ。まず人類全体に共通の核があり、それから多くの魂が寄せ集まって、一種の民族の心的現象を構成している。「個人の魂」はこれらの心的現象の内部に安住の地を見いだすことになるのだそうだ。したがってこれは物理的かつ超物理的モデルの一種である。「この...

続きを読む

宇宙人ユミットからの手紙/原文抜粋

親愛なる地球OYAGAAの人々へ (1988年1月30日付)我々はあなたがたの惑星に、あなたがたの知らなかった、複数の宇宙や10次元の基本的要素IBOZOO UUを論じた文書を配布した。だが、それをきちんと利用するために必要となる情報や、数学的モデルや、データまで与えていない。実を言うと我々の倫理UAAに従えば、銀河系の人間文化の進化プロセスへの介入は禁じられているのである。仮に我々が干渉したりすれば、あなたがたの社会...

続きを読む

宇宙人ユミット/地球への介入

よくある議論に、もし異星人が本当に地球を訪問しているとして、なぜ彼らは地球人の前に姿を現わさないのか、というのがある。 ユミットは手紙の中で、圧倒的な先進文明と接触した場合、遅れている方の惑星に大混乱が生じると言っている。基本的に、他惑星の歴史には干渉しないのが、 宇宙の倫理となっているので、表立った接触はしないというのである。そこで、科学情報も、手紙で小出しに出して、時間をかけて伝えているというこ...

続きを読む

宇宙人ユミット/双子宇宙の存在

双子宇宙とは…「時間が逆方向に流れる、左右対称の宇宙」 星が数千億個も集まった銀河は渦を巻いている。大きな銀河では数億年かけて一回転する(我々の銀河系では2億年)。回転していれば遠心力がかかる。遠心力は星を外側へ飛ばし、渦を消滅させるように働く。そうならないのは、銀河を構成する物質の引力が内側へ引き付けているからだ。ところが、どう観測しても、遠心力に釣り合うだけの引力を生む物質がない。物質の量が足り...

続きを読む

宇宙人ユミット3/手紙について

◆手紙で使用されている言語についてスペイン語で書かれていると言ったが、実はこれは舞台がスペインであり、同国人に伝えようとするからスペイン語なのであって、他の国ではまた、その国の言葉になっている。実はユミットと接触しているのは、スペイン・グループばかりでない。1950年に最初に降り立って基地を作ったフランス(基地はその後放棄)、1952年に訪れたスペインを始め、カナダ、アメリカ、ロシア、イタリア、ド...

続きを読む

宇宙人ユミット2/ウンモ星の様子

◆ウンモ星の様子ウンモ星は、地球より少し大きい惑星である引力は地球より20パーセントほど強い。地球人が降り立ったら、体重50㌔グラムの 人は60㌔グラムの重さになってしまう。磁場は地球の1000倍以上も強力である。そのため、オーロラが夜空に常に現れていて、ユミットたちは、「空にかかったこの 大きくて色鮮やかなマフラーを、いつまでも眺めて飽きることがない」そうである。惑星ウンモには月がないので、夜空の...

続きを読む

宇宙人ユミット1/最初の地球訪問

地球には様々な宇宙人がやって来ていますが宇宙人ユミットは手紙でコンタクトしてくるというちょっと変わった宇宙人です。1962年に、ウンモ(UMMO)星人と名乗る異星人から、スペイン語の不思議な手紙が、いろいろな職種の人に届いたのが事の始まりでした。手紙の内容は、ウンモ星の様子や社会の仕組みの紹介、地球にはまだない高度な未来テクノロジーについてなど。最初は誰かのイタズラと思われスルーされていたが、ある科学者が興...

続きを読む

フリーエリア

検索フォーム

フリーエリア

プロフィール

Nada

Author:Nada
オカルト・陰謀論・不思議などに興味があります。主にD.アイク氏、無明庵EO氏などに影響を受けてます。
個人ブログhttp://blog.livedoor.jp/siest/

フリーエリア2