記事一覧

ペットへのマイクロチップの危険性・デメリット

ペット犬猫へのマイクロチップ埋め込みが義務化されたようです。マイクロチップ製造の大手「マイクロチップ・テクノロジー」(アメリカの半導体製造業者)これは高確率であっち系の会社だと思いますが人間に埋め込む前にまず動物で実験といった所でしょうか。このマイクロチップの利点は、災害時や迷子時にマイクロチップ情報により飼い主の元に戻れる確率が上がるというもの、また心無い飼い主に捨てられるのを防ぐためという名目...

続きを読む

天然の抗癌剤

毎年、世界中で約800万人以上がガンで亡くなっている。アメリカだけでも50万人以上に及んでおり、2030年には世界中で1,200万人に上ると予想されている。85歳以下の人々の死因で最も多いのがガンであり、アメリカでは4人に1人がガンで亡くなっている。「治療法」の探求に毎年莫大なお金が慈善事業を通して集められているが、体制側にはそれを探求する意思は無い。闇の輩達と製薬カルテルが治療する事を組織的に拒んでいるからだ。ロ...

続きを読む

ワクチンとホメオパシー

予防接種は効果があるか?以上に関連して、いわゆる「予防接種」なども、生命力を蝕む病因としてホメオパシー的には危険であると考えられている。たとえば、インフルエンザ・ワクチンというものがある。弱体化したインフルエンザ・ウィルス(ワクチン)を血液に注入し、抗体を作ることで、実際にインフルエンザ・ウィルスが侵入してきても阻止しようとするのが、インフルエンザの予防接種だ。この点だけを見ると、「似たものが似た...

続きを読む

痛みのコントロールテクニック

急におなかが痛くなった時、痛み止めを飲んでも、効くまでに時間がかかります。そんな時、すぐに痛みを消す(感じなくさせる)民間療法が存在します。EFT(Emotional Freedom Technique/感情開放テクニック)TFT(Thought Field Therapy/思考場療法)ツボをタッピングして自己催眠をかける的な療法です。この方法を覚えておけば、どこかが痛くなった時や、鬱やイライラ、恐怖などの精神的問題に襲われた時、一時的に症状を消去...

続きを読む

蘇生・救命・延命処置をされず自然死する方法

日本では多くの場合、一人で何もできない老人や、病人、怪我人に対して、できる限り長く生きるために、最善の医療技術を使って、最善の救命、延命措置が施されます。それはたとえ本人が望んでいなくとも、救急車が来た時に本人に意識があって断ることができない限り、半強制的な感じで助けられてしまいます。救命措置の何が悪いんだ?と思う人が多いと思いますが、デメリットとしては・動けないような重態の状態で、苦痛を感じなが...

続きを読む

虫歯の自力治癒法いろいろ

虫歯の自力治癒法について自分で色々やってみた結果まとめ●重曹うがい毎食歯磨き後に濃い目の重曹水でうがいをしました。消毒はできたかもしれませんが、濃度が濃すぎたせいか口内がピリピリして、なんかダメージを負った感があり強酸は歯によくないのは有名だけれど、強アルカリもあまりよくないのでは?と思われました。虫歯ケアによかったのかは謎。●うがい薬で虫歯を殺菌削らずに虫歯を治す歯医者のサイトで、殺菌力の高い液体...

続きを読む

痩せ体質の人がストレスに弱い理由

筋肉量が低下したやせ型体質の人の多くは、消化管機能が低下しているからこそ筋肉の材料となるタンパク質(アミノ酸)が吸収できず、結果的に筋肉量が少なくなるという流れも見えてきます。では一体何が原因で消化管の機能低下を起こしているのかという疑問がわきますが、本来は機能低下でもなんでもなく、消化管機能のバリエーション(多様性)の中で低い部分を見ているというだけなのかもしれません。ヒトを野生動物としてみた時...

続きを読む

うつ病の5つのタイプ

<うつ病の5タイプ>うつ病は、脳の神経伝達物質の状態から、5つのタイプに分けることができます。治療方針はタイプによって全く異なるため、治療前にタイプ分類が不可欠です。低メチレーションタイプ典型的な低セロトニンを示し、SSRI薬投与にて気分の改善がみられる事が多い葉酸欠乏(高メチレーション)タイプセロトニン、ドーパミン活性が上昇しており、SSRIに効果が見られないピロール異常タイプセロトニンと、脳の代表的な抑...

続きを読む

薬で治らない鬱病

うつ病治療で最も使用されるSSRIは脳神経のセロトニンを増やす働きがあります。これが最も使用される背景にはうつ病患者の脳神経ではセロトニンが少ないという前提があります。しかし、3万人のうつ病患者のセロトニンを測定したウイリアム・ウォルシュ博士によれば、セロトニン濃度が低いうつ病患者は全体の38パーセントに過ぎません。ここではウォルシュ博士の検証を元に、神経伝達物質の濃度が決まる仕組みについてご説明してい...

続きを読む

支援センターは根本改善をしない

次の文章は、「化学物質過敏症支援センター」のホームページに書かれてある一文。化学物質過敏症の人は、化学物質が少ない環境では、見違えるほど元気になります。発症者は回復すれば、再び通常の生活が出来るようになります。これを読むと…良い環境が体にいい事が分かります。しかし、なぜ…回復したら…悪い環境(通常の生活)に戻らないといけないのでしょう?この考え方に問題があると思うのです。まず、私たちは‥病気を引き起こ...

続きを読む

アレルギーと膠原病について

アレルギーと呼ばれる病気にはまず代表的な疾患は、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、花粉症、アレルギー性副鼻腔炎、アレルギー性咽喉頭炎、気管支喘息、アレルギー性蕁麻疹があります。他に急性湿疹や慢性湿疹など皮膚掻痒症などの病名がつけられている皮膚疾患がありますが、全てがアレルギー性の反応が関わっているのです。現在はなぜアレルギーの時代と言われるのでしょうか?それは現代文明が化学物...

続きを読む

削らない虫歯治療「ドックスベストセメント」について

ドックスベストセメントとは…今までの虫歯菌を削って治すという発想とは全く違う、"虫歯菌をほとんど削らないでミネラルで殺菌する"という最新の治療法です。通常、虫歯の部分をすべて取るため虫歯部分より少し大きく歯を削ります。ドックスベストセメントでは、虫歯の部分をほとんど削り取る必要性はありません。深い虫歯の場合、通常の治療では歯の中にある神経をすべて取って治療をおこないます。ドックスベストセメントでは、...

続きを読む

脳砂(松果体の石灰化)について

<脳砂について>松果体腺の石灰化は、若年成人でもよく見られますが、驚いた事に2歳の幼児でも観察される事があります。石灰化した腺は、しばしば頭蓋骨のX線撮影で確認されます。石灰化率は国によって大きく異なりますが、アメリカ人の17歳の平均的な石灰化発生率は、推定40%と言われています。その後は年齢と共に石灰化度は増加します。松果体の石灰化は「脳砂」として知られています。いくつかの研究は、松果体腺石灰化の程...

続きを読む

ペットのノミ・ダニ駆除剤について

犬のノミ・ダニ駆除剤は怖い農薬だ。その代表例がフロントラインだ。その主成分は化学名をフィプロニルという。身近な例では、ゴキブリ駆除剤も、その主成分はフィプロニルだ。フィプロニル入りの団子を食べて死んだゴキブリの糞を食べたゴキブリも死ぬ。ゴキブリを皆殺しできると宣伝広告されている。実に恐ろしい農薬だ。それを愛犬の皮膚に塗りつけて、ノミやダニが退治できるのは当たり前だ。 犬病ワクチンや混合ワクチンも犬...

続きを読む

だから殺人医療といわれるのです

精神科医療は刑務所だと再三述べてきましたが、それを否定するかのように、連日BLSやALS(急変に対する救命処置のトレーニング)をしたりします。そこで中心になっているのがICUとか救急の出身の人達。今はこういう人達をありがたがり、神のようにあがめます。愚の骨頂ですね。そもそも医療なんてどんだけ目先の患者助けても、結局毒飲ませて、効果のない検査や処置している、その場しのぎの結果的には人殺ししているのに。医療の...

続きを読む

ルネ・カントンの海水療法3

◆パスツールとカントンの違い汚れた水槽があります。中にいる魚が細胞とします。汚れた水が細胞外液だとすると、パスツールは魚(細胞)が病気になった時、「この魚(水にも)に菌がいるのではないか? 悪いものが繁殖しているのではないか?」と考え、それを殺すために抗生剤を入れるという考えです。それに対し、ルネ・カントンは「病気の原因は水が汚れているからだ。水を変えれば健康を取り戻せる」と考えたのです。空気や水が...

続きを読む

ルネ・カントンの海水療法2

ミネラルは一般的にはサプリメントとして手軽に購入出来ますが、本当に必要なミネラルとは何かと考えた時に、ルネ・カントン先生の考え方に従えば、海水に含まれているミネラルが人間の身体にとって一番合うミネラルな訳です。一般に販売されているサプリメントとしてのミネラルはほぼ鉱物であり、地上にあるものから作られています。けれども最も利用しやすいミネラルの形は、海の中にあるミネラルなのです。摂取しても私たちの身...

続きを読む

人工毒デトックスMMS1・MMS2について

日本で暮らしていたらどうしても入ってきてしまう添加物毒や農薬、ワクチン、ケムトレイル、フッ素などの「人工毒」のデトックスに良いと言われる「MMS2」についてです。●MMS2(次亜塩素酸カルシウム)●◇塩素.jp http://koukin.com/shopdetail/000000000024/人体は、外敵や毒物が体内に侵入すると、具体的には、次亜鉛素酸を生成して対抗しています。しかし、現代では、取り込む毒素が多すぎて、DNAに刻まれたその生成...

続きを読む

「病は気から」?

よくある話で、悪について語られたものがあります。悪を三段階に分けて言い表したもので、1番極悪なのは、”悪いという自覚がなくて悪い事をする者”だそうです。ブッダなんかも「無知は最大の悪」と言い残しています。これを聞くと現代人は「知識がないことが悪」と解釈し、もっと勉強しなきゃ、となるかもしれません。しかし、本来は何が善で何が悪かを知らない事や、何が真理で何が偽者なのか知らない事、という意味なのです。例...

続きを読む

「海こそが最良のドクター」ルネ・カントンの海水療法

ニコラ・テスラのように闇に葬られた偉人の中にルネ・カントンという医師がいます。彼は血液の成分と海水の成分が、非常に似通っていることを発見し海水を使った療法を発案しました。その療法で次々50万人もの病人を治しました。ところが彼は当時の対症療法の医師達や医療利権を牛耳るロックフェラーなど闇の権力者に潰され画期的な成果を上げた海水療法も闇に葬られたそうです。<ルネ・カントンが行った実験>カントンは犬の血...

続きを読む

「予防接種」という言葉に騙されてはいけない

第一次世界大戦の時、アメリカをはじめ連合軍の兵隊たち全員に注射を打ち、その兵隊たちが全世界に散って拡散した。死者は5000万人とも、1億人とも言われるが、あれはアメリカが予防接種ということで兵士たちに打って、悪性インフルエンザをばら撒いてしまった。そして最悪の免疫暴走(サイトカイン・ストーム)で沢山の人々が急死した。その時に「予防接種」という言葉を使っているところが悪質です。ワクチンなんて効いたという...

続きを読む

フリーエリア

検索フォーム

フリーエリア

プロフィール

Nada

Author:Nada
オカルト・陰謀論・不思議などに興味があります。主にD.アイク氏、無明庵EO氏などに影響を受けてます。
個人ブログhttp://blog.livedoor.jp/siest/

フリーエリア2