記事一覧

マイクロキメリズム/侵入者DNA

妊娠中に胎盤を通して,母親と胎児の間で互いに細胞が行き来する──これだけだったら,さほど驚くにはあたらない。胎盤を通じてさまざまな物質が行き来していることは周知の事実だ。だが,このときに行き来した細胞が,その後もずっと定着しているとなると話は別だ。実の母子といえども免疫系から見れば“他者”。母親や我が子からの細胞は本人の免疫系によってすぐに排除されてしまうはずだ。ところが,実際には成人した男性から母親...

続きを読む

複数の自分/分裂自我と意識権

「複数の私」こそ、人を幻想に落とし入れ、不幸にさせている大きな原因である。博士によると、われわれの内部には何人もの「私」がおり、それが状況に応じて入れ変わり立ち変わり意識に現れ出るという。人が急に変わってしまうのも、ひとつの「私」が別の「私」 に変わってしまうためである。 「人は苦しいことや極限状態に置かれると、自分の都合のいいような偽りの動機、こじつけ、理屈を考えだし、自分を正当化する。そして、そ...

続きを読む

人間の構成要素2/シュタイナー

自我は、今、三つに分けて考えました。この三つは 、魂という名がついていることで分かるように、心の働きをしています。ところが、人間には、心の働きを越えた力も宿っていますね。それは精神、ガイストの働きです。先ほど「進化」という言葉を用いましたが、精神科学の重要な考え方の一つに、精神 (ガイスト)の進化論があります。さまざまな力の働きによって、万物が、より精妙なものへと進化していくという認識です。今ここで...

続きを読む

人間の構成要素1/シュタイナー

人間が肉体の他に、目に見えない体として、アストラル体、エーテル体を もっていることは、先週お話ししました。アストラル体は感情の担い手であり、エーテル体は成長力の担い手であり、人間の場合は記憶の担い手でもありました。しかし人間の営みは、感情が最高のものではありませんね。人間は思考します。その思考の主な担い手は、自我です。私たちは、すべて物質と関連づけることに慣れていますので、思考の担い手と言えば、脳...

続きを読む

内的自由の獲得/グルジェフ

戦争を止めることはできない。戦争は人間がその中で生きている奴隷状態の結果なのだ。厳密に言えば、人間は戦争の責任をとる必要はない。戦争は宇宙的な力、惑星の影響によるものだ。しかも人間の中には、これらの影響に抵抗するものは何もないし、またそもそもありえない。というのも、人間は奴隷だからだ。もし彼らが人間であり、〈為す〉ことができるなら、彼らはこれらの影響に抵抗し、殺しあうのをやめることもできるだろう。...

続きを読む

退化のプロセスを辿る人間

人間の生は最も意識の低い人々、つまり最も深く眠っている人々に支配されているのだ。生において、最良で最強、最も勇気ある諸要素が優勢であるのを目にしていると言うことができるだろうか?とんでもない。それどころか、あらゆる種類の祖野や愚かしさの優勢を目にしている。我々はただ新たな分裂、新たな敵対心、新たな誤解を見るばかりだ。というわけで、人類の現況には、進化が進みつつあることを示すものは何一つない。それど...

続きを読む

エソテリシズム

我々の属す人間の生活は2つの異なる源泉からくる力に支配されている。1つは惑星の影響で、それは完全に機械的で、個々人にも集団にも何気なく無意識的に受けとられる。もう1つは人間の内なるサークルからくる影響で、大多数の人々は、この影響の存在と重要性に惑星の影響と同様気づいていない。我々の属す人類、つまり科学や文明に知られている歴史的、先史的人類全体は、実は人類の外側のサークルだけを形成しているのであって...

続きを読む

眠れる羊人間

人間の覚醒を妨げ、夢の力の中にとどめておこうとするものが無数にある。覚醒への意志をもって意識的に行動するには、人間を眠りの状態にひきとめておこうとする力の性質を知る必要がある。まず第一に、人間が陥っている眠りは正常なものではなく催眠状態であることに気づかなくてはならない。人間は催眠術にかけられていて、この催眠状態はとぎれずに続くばかりか強められさえする。人によっては、人間を催眠状態にとどめ、真理を...

続きを読む

苦しみをなくすデメリット

人類の生が、彼らの信じるあるべき方向に進んでいないと考えている人はたくさんいる。そこで、彼らによれば人類の生全体を変えずにはおかない様々な理論を編み出す。ある者が1つの理論を編み出すと別の者がただちにそれとは相容れない理論をうちだす。そして両者とも誰もが自分の方を信じると期待しているのだ。また実際、多くの人がそのどちらかを信じる。人々は自分の、もしくは他人の理論を信じるのをやめようとはせず、また何...

続きを読む

人類の品種改良

大雑把すぎますが、ざっとした人類史の経緯外側(社会や他人)など変えようとしても無理である。 ただし私は宗教が必要だと言っているのではない。またカルト信者のように、内面を目を向けるんだとも言わない。たとえば一家の中で酒びたりの親父とか子供を怒鳴る母親、こういう者に対しては、いくら正論やルールを敷いても無理なので、最悪、監獄や病院に送り込むしかないが、結局はその親のトラウマを解明しないとならないわけで...

続きを読む

自我について

鈴木崩残氏の「足元の宇宙背景」によると、人間の自我とは「人間を創った上位存在種族(宇宙人)の観察意識の断片」それは断片ではありつつも、元の性質を引き継いでいるわけなので人間は自分達の自我の性質を観察することによって自分達を作った「神」がどういう存在なのかというのを知ることができるヒントとなりえます。「神は自分に似せて人間を創った」というのは姿のことではなく、意識構造のことでアダムとイブが知恵の実を...

続きを読む

シェルドレイクの仮説/形態形成場

シェルドレイクの仮説(形態形成場仮説)とは…あらゆるシステムの形態は、過去に存在した同じような形態の影響を受けて、過去と同じような形態を継承する(時間的相関関係)。離れた場所に起こった一方の出来事が、他方の出来事に影響する(空間的相関関係)。形態のみならず、行動パターンも共鳴する。これらは「形の場」による「形の共鳴」と呼ばれるプロセスによって起こる。簡単に言えば、「直接的な接触が無くても、ある人や物...

続きを読む

ハイブリッド人間(地球人)

地球人はアヌンナキのDNA操作によって作られたという説は有名ですが、地球人の創造に関与したのは彼らだけでなく、その遥か昔~近代の間にレプティリアン、グレイ、プレアデス人、アルデバラン星人(エロヒム)、ニビル人(アヌンナキ)、シリウス人、などなど、全部で22の種族が、新しいハイブリッド人間(地球人)を作るためにDNAを提供したとされています。それがスーパーフェデレーション人間改造計画です。<地球人の遺伝子に...

続きを読む

脱人間トリガー

◆昔、たまに、こんな事を考えて、一人で、遊んでいたことがありました。◆地球の人類って、全員、ここへ生まれてくる前に、機械か何かで、高速で3000回ぐらい催眠暗示をかけられているのかも、って。◆つまり、地球に生まれることを「契約」すると、この世界を観測するソフトが「インストール」されるわけね。◆でもって、みなさん、このフィールドに着陸したもんだから、リンゴは赤く見えるし、重力も感じるし、障害がないかぎり...

続きを読む

ランダム生まれ変わりシミュレーター

ある種のゲームでは、最初に主人公のキャラメイクをするときに、ランダムで振り分けられるパラメータを見ながら、その結果がいい感じの数値になるまで、何度もやり直すタイプの奴があります。んで、今回はこの「何度もやり直して、いい感じのパラメータのキャラが出るまでリセットし続けるシステム」を、それでも「アリ」な風に思わせる設定を考えついたぞ!という話なのです。一体どういうシステムにするかというと、それは「もし...

続きを読む

フリーエリア

検索フォーム

フリーエリア

プロフィール

Nada

Author:Nada
オカルト・陰謀論・不思議などに興味があります。主にD.アイク氏、無明庵EO氏などに影響を受けてます。
個人ブログhttp://blog.livedoor.jp/siest/

フリーエリア2