記事一覧

地球は一つの生命体説

まるで脳のような川が入り組む沼地(スペイン)◆出典/http://www.dronestagr.am/bay-of-cadiz-natural-park-spain-7/神経か血管のようなヒマラヤ山脈航空写真(RGBコンパイル処理)◆出典/https://www.webdesignerdepot.com/2009/08/60-stunning-satellite-photos-of-earth/左/脳の神経細胞 右/宇宙の大銀河団形成のシミュレーション画像◆出典/http://www.nytimes.com/imagepages/2006/08/14/science/20060815_SCILL_GRAPHIC.html◆...

続きを読む

ヴォイニッチ追加情報2

(ヴォイニッチ追加情報1の解読者に対して)Voynich の世界ではないようです。創作された話でしょう。 Voynich Manuscript に書かれた世界では、人類に相当するものはいないそうです。 これを書いたひともそちらの世界では植物(のような存在)のひとつとして存在したのだそうです。 Karint1226の方がいわれている、魂が入れ替わるということはありません。 そもそも意味がわかりません。 アダムとイヴのことも Voynich とは関係が...

続きを読む

ヴォイニッチ追加情報1

某オカルト掲示板よりヴォイニッチ手稿が読めるという人(自称)による追加情報>>1はどうやって植生世界とこの世界を行き来した? 時空門を通りました 全文の翻訳と解説付きで世間に公表をする気は? 無いです。非常に危険です。 悪用されるからこの世界が今後、植生世界に変化する可能性やその示唆はあるか? 無いです。この世界は人間が戦争を起こし、最後には滅びます。5.後ろから29ページ目の翻訳をお願いします。 植物の名前...

続きを読む

草から疑似惑星を創る実験f68v、f69r、f69v

68枚目は様々な草の成分を配合して疑似惑星的な物をつくりだすというとんでもない実験のデータ記録です。f69rf69v69枚目はその実験中に空間の穴を創り出してしまった時の詳細なデータと穴の様子を記したものです。今の空間の穴の話はアダムとイヴの話にもつながります。向こうの世界にも昔話がありまして、アダムとイヴの話にとてもよく似ています。アダムとイブの話翻訳元 http://world-fusigi.net/archives/4300708.html画像 h...

続きを読む

星を作る実験f67v

ヴォイニッチ手稿f67vについて67ページには星をつくる実験の事が書かれています。向こうの世界におそらく「宇宙」という空間はありません。真っ白な空があり、夜と昼の区別もありません。空の中には巨大な星が1つだけありますが、太陽で言うコロナの部分が黄色に光っているだけで他の部分は空と同じく真っ白です。たぶんこの本を書いた人は彼らに許可を得て様々な実験を向こうでしていたようです。翻訳元 http://world-fusigi.ne...

続きを読む

ヴァルナ(草)とレウス(根っこ)のページf99v

ヴォイニッチ手稿198ページ目f99vこれらのヴァルナ(草)達にはレウス(根っこ)の数に比例した立体型の線維組織が存在し、根っこが多いほど強いというわけではなく、繊維を構成する物によって変わるようだ。これらを知ることによって我らの国に多大な利益をもたらすかもしれない。私はこの草達のことを知りたいと願ったが、ここには私の居場所はないらしい。国にいたことは覚えているが人々の顔が思い出せない。せめて私がこれま...

続きを読む

ヴォイニッチ翻訳f33v

ヴォイニッチ翻訳f33vこの草は上下で三対になっている。花は集光するかのように太陽を追い、雨が降った際には茎を曲げ花弁を閉じる。その動きは素早く、まるで生き物かのように動くさまを見ることができる。中心の花は雨のときの様子を描き記した。葉の部分は左右対象であり、片方が枯れ落ちるともう片方も自然と衰えていき、やがてなくなってしまう。根には球根のようなものができ、花が枯れるとそれを収穫している。一年草のよう...

続きを読む

ヴォイニッチ翻訳f8v

16ページ目f8vこの植物はほかの植物と違い動かず、他のものを食べることもない。ただそこにあるだけの植物だ。ただしとても硬く、葉もよく切れる。この前見た動物が武器として使っていたのを見た。ただその動物はこの植物が持つ膨らみに触れた瞬間固まったまま動かなくなった。彼らによると心(精神)を破壊されたらしい。私は絶対に触れないようにする翻訳元 http://world-fusigi.net/archives/4300708.html画像 http://www.v...

続きを読む

ヴォイニッチ翻訳f8r

15ページ目f8r私が彼らに聞いた知識の中で特に興味深かったのはこの植物だ。この植物は成長する際に茎が二つに分かれるのだが、その地にある養分の度合いによって全く違うものへと変化する。ここに描くのは養分が少ない地で育った場合のものだ。彼らが伝えるには養分が少なかったとき、2本の茎は養分の管が細い方が根元から落ち、管が太い方が残るという。この植物はより攻撃性を増し、葉は獲物に刺さるほど硬くなり、根は枝分か...

続きを読む

ヴォイニッチと時空のおっさんの関係

時空のおっさんのケータイに書かれていた模様と刺青の模様が、ヴォイニッチの風車に顔の絵と酷似していたことについて。<おっさんの特徴>透明のような作業着で、訳わかんない形の靴を履いているポケットから取り出した子機には、手のひらより少し小さい位の風車(真ん中に顔、朱色青色白色、朱青白、朱青白、白白白)が付いている。白色の部分に星が書いてあり、回転している真ん中の顔はなんともいえない顔、あまり上手ではない...

続きを読む

ヴォイニッチ手稿の内容について・考察

・ダークマターの漂う空間があり、それを小惑星が少しずつ纏ってゆく。これが根。 やがて小惑星どうしが集まって確固たる重力源を形成し、物質を引き寄せる原型となる。これが茎。 終いには重力が肥大化して中心で物質の組成が崩壊し、重力源が濃縮されてゆく。これが実。 つまり、実に向かって流されてゆくことが支配にあたるのだろう。 支配から開放されるには根の外へ向かって行かなければならない。 図を逆に解釈するというの...

続きを読む

その他の訳・解釈文

「見よ、女性たちは緑色の洗脳プールに閉じ込められ自分とはなにものなのか、どこにいきたいのか 自己を見失いわからぬまま動こうとしている プールを脱し、自己を生きよ 自己の人生を生きよ」「人間は動く植物で、光と土と水により光合成をしています。 光合成=いまのあるがままの現実+過去の現実を否定して作った感情記憶=自我の現実人類は夢の世界に住んでいる。夢の中で夢だと気づくことが大切だ。人類は正しい光合成を忘れ...

続きを読む

ヴォイニッチ手稿の正体・仮説

<ヴォイニッチ手稿の正体(いずれも仮説)>・人間が植物だとしたらこんな動きをするというのを説明したもの・人類と植物の関係性について書かれたもの・ヴォイニッチ界にいた記憶のある者が、日記のような感じで、見たものを備忘録として記したもの・搾取対象としての人間の取扱説明書・搾取対象とされていることを知った人間がそこから逃れる方法などを記した指南書・すべての人間の基礎に女性があって、魂の錬成の過程が描かれ...

続きを読む

ヴォイニッチ翻訳f7v

14ページ目f7vこの植物は私がこちらに来てから比較的初めの頃に見た植物だ。あちらの植物と同じように根は動かないが非常に粘性の高い毒を持っていると聞いた。獲物になった八つの頭部器官をもち、這いずるような動きをする動物は頂点にある艶のある球体から黒の粘液を飛ばし獲物を溶かしていた。危険植物だ。翻訳元 http://world-fusigi.net/archives/4300708.html画像 http://www.voynich.com/folios/...

続きを読む

ヴォイニッチ翻訳f7r

13ページ目f7rよくわからない。それが私がこの草に抱く感想だ。この植物は栄養を必要としないらしい。動物を食べようとしないらしいのだ。いや、食べる方が異常なのだったか?まあ、どちらでもいいことだ。葉は膨れており、緑色の葉の中に片側だけ種のようなものが付いている。中央には新しい葉がはえてきているが、この植物の種は緑色のはの中に包まれるように落ちてしまうので地面に落ちない。そして中央のはが成長すると前の...

続きを読む

ヴォイニッチ翻訳f6v

12ページ目f6vこの植物には痛い目に遭った。見たことのない植物だったので気が急いて採ろうとしてしまったのだ。まぁ、私が見たことのあるもののほうが少ないのだが。そのせいで花だと思っていた器官に手を刺された。最悪だった。花びらだと思っていた部分は針で彼らはその針を利用した毒付きの武器を作るらしい。刺された手は青い液体を注入されて紫色になり、少しの間に手が崩れた。肉がグズグズになって落ちる様は明確に書き...

続きを読む

ヴォイニッチ翻訳f6r

11ページ目f6rこの植物は海に潜っている者から貰ったものだ。私はまだ行ったことがないがいつか行ってみたいと思う。根は2本ずつ螺旋状になっていてこれが回転させ、葉で水を掻くことで水の中で移動するそうだ。5つある袋のような器官で獲物を食べたり袋についている毛のようなもので温度を感知するらしい。翻訳元 http://world-fusigi.net/archives/4300708.html画像 http://www.voynich.com/folios/...

続きを読む

ヴォイニッチ翻訳f5v

10ページ目f5vこの草は花に毒があり、蕾よりも咲いた後の方が毒性が強いそうだ。咲いたかどうかは紺色の花が赤い花の下に咲いているかどうかで判断し、花の下の膨らみがあるかどうかで咲いてから時間が経っているかを判断するそうだ。しぼんでいればより長い時間が経過していることになる。葉は非常に柔らかく、毒はない。葉には体の傷を治す効果もあるそうだ。葉をつぶして傷口に当てておくと早く治る。翻訳元 http://world-fu...

続きを読む

ヴォイニッチ翻訳f5r

9ページ目f5r(翻訳文2つあり)(その1)これは非常に不可解な植物だ。根と思われる部分はほぼ地表に出ており、それを使って移動することがある。まるで生き物のようだ。葉は大きく垂れ下がり、花を飾るように大きな円を描く。花を支える茎は非常に硬くしなやかでまるで金属のような特性を持っている。(その2)この草は幻覚作用がある液が根にある小さなコブからとれる。不用意に近づくと根にあるとても小さな穴から青色の幻...

続きを読む

ヴォイニッチ翻訳f4v

8ページ目f4vこの草は普段は青のつぼみがついているだけの草だが暗い場所に置いておくと茎の一部分が緑に光り、花が開いて茎よりも明るく光る触手が出てくる。彼らはこの草を樹の中に植え付けて明るくしている。彼らや私が住んでいる樹は中が空洞で枝には籠のように細い枝が組み合わさって出来た寝床がつり下がっている。翻訳元 http://world-fusigi.net/archives/4300708.html画像 http://www.voynich.com/folios/...

続きを読む

ヴォイニッチ翻訳f4r

7ページ目f4rこの草はほかの草を食べて生きている。ほぼ単一の長さの根を驚くほど巧みに使ってすばやく移動し、相手を中央の茎で縛り、茎の先端から草を溶かし崩す液体を分泌する。獲物は特定の草であり、他の草や生物には溶かし崩す効果は見られない。彼らから研究の許可が下りそうだ。もう少しでもっと細かな調査ができると思うと、嬉しく感じる。私にもかれらのち知識欲が移ってしまったのだろうか翻訳元 http://world-fusigi...

続きを読む

フリーエリア

検索フォーム

フリーエリア

プロフィール

Nada

Author:Nada
オカルト・陰謀論・不思議などに興味があります。主にD.アイク氏、無明庵EO氏などに影響を受けてます。
個人ブログhttp://blog.livedoor.jp/siest/

フリーエリア2