記事一覧

アストラル体について

博士はその夜、ロビーにわれわれを集めて講義を始めた。「きみたちはエーテル体を改造し、大量のプラーナを蓄えた。その結果、強靭な肉体と、自己観察に必要な鋭敏な頭脳を持つことができた。しかしだ。生命エネルギーであるこのプラーナを大量に増大させることは、一面で大きな危険を伴うのだ」その危険とは、「感情の暴走」であるといった。「若いときはだれしも感情が激しく、不安定だ。それは、からだに大量のプラーナを持って...

続きを読む

天然の抗癌剤

毎年、世界中で約800万人以上がガンで亡くなっている。アメリカだけでも50万人以上に及んでおり、2030年には世界中で1,200万人に上ると予想されている。85歳以下の人々の死因で最も多いのがガンであり、アメリカでは4人に1人がガンで亡くなっている。「治療法」の探求に毎年莫大なお金が慈善事業を通して集められているが、体制側にはそれを探求する意思は無い。闇の輩達と製薬カルテルが治療する事を組織的に拒んでいるからだ。ロ...

続きを読む

死後のプロセス/ダスカロス

「死んだ瞬間から次の輪廻まで、どんなことが起きるのですか?」 ダスカロスはまず、死が何であるか定義して、そこから自己意識のある人格が死後、どのように変容するか説明した。 「肉体はその対になっている※エーテル・ダブルなしには生きられない。したがって、死はエーテル・ダブルが肉体から分離して消滅することを意味する。普通、肉体の死から、エーテル・ダブルの消滅は四十日間かかる。この理由で、私たちの宗教では四十...

続きを読む

ノエティック界について

ダスカロスは、実際に‘死’というものはないと述べています。唯一起こる変化は、肉体を捨て去っていくだけのようです。ですので、多くの人は、死の過程で起こっていることに気づいていられず、この世とあの世の区別がつかずに、同じ感情と思考を持ってサイコノエティック界に存在し続けることになるそうです。そのサイコノエティック界とは…。いま私たちは、肉体のほかに、サイキック体とノエティック体の3つの身体を持っているそ...

続きを読む

ダスカロスが説く生命観

ダスカロスが説いた「死後の世界」「この世」は、仏教で言うところの「地獄、餓鬼、人間、六欲天」といった世界になります。仏教は、これらについても精密に説明し、特に涅槃に至る方法に関しては、詳しく解説もしています。ですが、ダスカロスが説明する「地獄、餓鬼、人間、六欲天」の世界は人間が生活をし、生きる上において参考になり役立ちます。究極の「涅槃」に至る前に、目先の人生を良くできる知恵が、ダスカロスには多い...

続きを読む

ワクチンとホメオパシー

予防接種は効果があるか?以上に関連して、いわゆる「予防接種」なども、生命力を蝕む病因としてホメオパシー的には危険であると考えられている。たとえば、インフルエンザ・ワクチンというものがある。弱体化したインフルエンザ・ウィルス(ワクチン)を血液に注入し、抗体を作ることで、実際にインフルエンザ・ウィルスが侵入してきても阻止しようとするのが、インフルエンザの予防接種だ。この点だけを見ると、「似たものが似た...

続きを読む

夢の中で夢だと気づく方法/明晰夢の練習

夢の中で夢だと気づくことができれば、明晰夢を見ることが可能になります。夢の中で気づく方法は「手のひらを見る」「鏡に映ってみる」「何か文字を見つけて読む」「服を脱いで裏返しにして着直す」などがオカルト掲示板などで挙げられてましたが、実際夢の中でいくつかやってみましたがいずれも夢と気づくことはできませんでした。それもそのはずで、それらの行動は夢でも現実でもできてしまうため感覚的なチェック方法は、アテに...

続きを読む

明晰夢で遊ぶ時の注意

体外離脱や明晰夢には、肝に銘じておくべき事柄があります。特に倫理観に問題がある人の場合、痛い目にあう可能性が高いと私は思っています。まず、「明晰夢は単なる脳内現象だ」というわりきった認識で遊んでいる人たち。このタイプの人たちは、結構沢山います。もしも、「明晰夢は自分の夢(脳内現象)だから、地上では犯罪となる行為もやりたい放題!」って思っている人がいるとしたら、こういう人は知らぬ間にとんでもないこと...

続きを読む

覚醒の種類とエーテル体について

覚醒には準 覚醒と、完全な覚醒とがある。 ●準覚醒 自己観察をして、こころが幻想を見ていることに気がついている状態。夢を見ている人は、自分が今夢を見ているなどとは自覚しないが、自覚したならば、それは夢を見ている状態ではない。目覚めた状態である。ただし、この状態ではまたいつ眠りにつくかわからない。準覚醒においては幻想を見ることは少なくなるが、幻想に未練が残っている。そのために、この状態は苦しみを伴うこと...

続きを読む

エーテル体の種類と機能

エーテル体はその機能により大きく四つに分類されます。・化学エーテル・生命エーテル・反射エーテル・発光エーテルこれらのエーテル成分には次のような働きがあります。<化学エーテル>これが有機体への生理機能を果します。消化、吸収、解毒の機能ですが、これらは霊の中の化学エーテルという成分に基礎を置いています。このエーテル成分は肉体に伝えられるとき、私たちの本能センターを通して行われます。また消化、吸収の役目...

続きを読む

複数の自分/分裂自我と意識権

「複数の私」こそ、人を幻想に落とし入れ、不幸にさせている大きな原因である。博士によると、われわれの内部には何人もの「私」がおり、それが状況に応じて入れ変わり立ち変わり意識に現れ出るという。人が急に変わってしまうのも、ひとつの「私」が別の「私」 に変わってしまうためである。 「人は苦しいことや極限状態に置かれると、自分の都合のいいような偽りの動機、こじつけ、理屈を考えだし、自分を正当化する。そして、そ...

続きを読む

人間の構成要素2/シュタイナー

自我は、今、三つに分けて考えました。この三つは 、魂という名がついていることで分かるように、心の働きをしています。ところが、人間には、心の働きを越えた力も宿っていますね。それは精神、ガイストの働きです。先ほど「進化」という言葉を用いましたが、精神科学の重要な考え方の一つに、精神 (ガイスト)の進化論があります。さまざまな力の働きによって、万物が、より精妙なものへと進化していくという認識です。今ここで...

続きを読む

人間の構成要素1/シュタイナー

人間が肉体の他に、目に見えない体として、アストラル体、エーテル体を もっていることは、先週お話ししました。アストラル体は感情の担い手であり、エーテル体は成長力の担い手であり、人間の場合は記憶の担い手でもありました。しかし人間の営みは、感情が最高のものではありませんね。人間は思考します。その思考の主な担い手は、自我です。私たちは、すべて物質と関連づけることに慣れていますので、思考の担い手と言えば、脳...

続きを読む

人工生命体タルパについて

われわれが何かを考えるとき、それが明瞭であればあるほど、前方にその思考している対象物が形となって浮かんでいるといわれる。たとえば猫の ことを考えていると、その猫の姿が現れるのだ。これはすぐれた霊能者には見えるらしい。本 人が考えるのをやめるとその像も消えてしまう。ところが、強くかつ持続して考えつづけると、 実に奇妙なことが起きる。その像が生命を持ち、個性となって独自に活動を始めるのである。 ただし厳密...

続きを読む

プラーナについて

プラーナとはいったい何だろう。それは、非常に興味深い実験から始まった。博士は先頭に座っていた婦人を立たせ、黒板にできるだけ正確な円を描くように命じた。婦人はいわれたように慎重に円を描いた。しかし、コンパスを使ったわけではないので、その円はかなりゆがんだものとなった。 次に博士は、右手を彼女の後頭部に当ててしばらく目を閉じた。われわれはいったい何をしているのかと息を飲んで見守っていた。およそ1分ほどた...

続きを読む

宇宙戦争の様子など

こちらの動画より抜粋地球の周りに存在する電磁場(21:06~)この電磁シールドによって、地球は宇宙の有害放射線から守られているとされますが、この電磁シールドこそが魂を地球に閉じ込めるために張り巡らされたAIネットでありスミス・プログラム(ホログラムの空)を作り出しているものだそうです。これは宇宙での戦争の様子が描写されてるようです(24:18~)土星や天王星が応戦してる様子らしいですが、人間が感知できない...

続きを読む

地球に山や森は存在しない説

ちょっと長いですが一度は見ておいた方がいいと思います。(字幕が出るので、youtubeサイトの大きい画面で是非見てください)『この地球に山や森は存在しない』(前編)『この地球に山や森は存在しない』(後編)私達が山だと思ってるものは、大昔の大木の切り株が化石化したものであり、地下の洞窟は大木の根が腐り空洞になったもの、火山は人工物(ゴミが土砂に圧迫されてガスを吹く)、砂漠は掘削により死んだ大地。無生物であ...

続きを読む

フリーエリア

検索フォーム

フリーエリア

プロフィール

Nada

Author:Nada
オカルト・陰謀論・不思議などに興味があります。主にD.アイク氏、無明庵EO氏などに影響を受けてます。
個人ブログhttp://blog.livedoor.jp/siest/

フリーエリア2